フォトアルバム

新規入会者募集中!

  • 入会希望の方は、メールお願いします
    氏名・年齢・住居地・携帯アド・携帯番号を記入して、メールお願いします。

サイクリストが集うショップです

ランキングに参加しています、ポチッと応援クリックの協力お願いします。

イベント・練習活動計画:代表的な企画です。

  • ● 定例練習会は毎月、第1・第3土曜日実施します。
    午前8時、大村運動公園集合です。

最近のトラックバック

メールアドレス

2012年6月 6日 (水)

左脚専用靴べら by kattak@

いよいよ、今週末に押し迫ったサイクルフェスティバル壱岐。

キッチリ仕上がって準備万端?

今頃パーツ交換?

ワタシのチームメイトは最後の練習にて落車、DNSとなってしまいました、皆さんも気をつけてくださいね。

ワタシは最後のメンテナンス、以前交換した165mmクランク、初めて弄ったタイプだったんで、確認も兼ねて一度外してみましょう。

2012060308520000_2

まずは左クランクのフィキシングボルトから。

2012060308520001

前回のクランク取り付けの際に購入した、14mmのヘックスレンチを使用してます。

2012060308530000

ほい!外れました・・・

2012060308530001

う~ん、かっちり嵌り込んでるね、こりゃ。

以前使用していた2010年以前のアテナやコーラス以上に採用されている、ウルトラトルクのクランクならば特に工具を使う必要もなく引き抜けました。

が、現行のアテナ(モチロンワタシの物もコレ)以下のグレードに採用されているパワートルクは少し違う・・・

左のクランクを抜く為だけの工具が必要なんですが、カンパの純正工具が用意されていません。

(まあ、用意されていても使うとは限りませんが・・・)

いくつか他人様のブログを拝見させていただくと・・・よさげなモノがありましたが、ここは西の辺境長崎、カンタンに手に入るものか・・・

2012060308540000

入ってしまいましたw

実は私の近所には工具店がありまして、良くも悪くも、かなりの変態工具がカンタンに手に入ってしまうのです。

この工具、ベアリングプーラーと言いまして、以前ホイールのベアリング交換に使用したベアリングプーラーの仲間になります。

Dsc00218

その時のベアリングプーラー、これは内爪式と呼ばれるモノで、ドーナツ状のベアリングの穴の内側から爪を引っ掛けて外す工具です。

今回購入したベアリングプーラーは外爪式で、外側から爪を掛けるようになっています。

話が逸れましたが、クランク抜きの続き。

2012060308580001

両側の爪をクランクに掛け、中心の矢で押し、クランクを引き抜きます。

2012060309000001_2 2012060309000000

結構不安でしたが、カッチリとはまり、このままの状態でも外れる気配はありません、この工具で正解みたいです。

2012060308580000 2012060309040002

ちなみにフィキシングボルトを少し緩め、右画像の左側にある金属製のキャップ(?)を被せてから工具を取り付けてます。
少し緩めたら、あとはクランク穴の直径に程よいラチェットのコマ等をを使い工具を掛け直します。

2012060309040003_4 2012060309040004_2

こんな感じで使ったり

2012060309110000_2 2012060309110001
こんなモノ(ラチェットの1/2→3/8アダプター)を使ったりしました。2012060309170000_2 2012060309170001

面倒臭かったので、クランクに直接プーラーの爪を当てたら、少しキズが付いてしまいました。

ワタシは気にならない程度でしたが、気になる方は何か当て物をしたほうがいいでしょうね。

あとは右クランクを抜くだけですが

2012060309180000 2012060309210000
このクランク脱落防止のピンを抜くのをわすれないように注意です。

しかし、このピン、ウルトラトルクでは必要かもしれませんが、工具を使わねば外せないパワートルクでも必要なのかな?

2012060309210001 

ピンを外せば右クランクは抜けるはずですが、抜け難い場合はプラハンでコンコンして下さい。

BBの清掃、緩みのチェックをしましたが問題ありませんでした。

組み付けは特に難しい事はありません、左クランクはフィキシングボルトで締め付けていくだけですので割愛。

2012060309280001 2012060309280000

ちなみに、このベアリングプーラー、クランク外しの為に購入しましたが名前の通りベアリング外しですので、クランク周りのベアリング交換にも使えます。

セラミックベアリングに交換する時にでも使ってみましょうかね。

 

 バナーをクリックすると、ロードバイクのブログランキングにジャンプします。

                                                 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
                                                   にほんブログ村

2012年5月26日 (土)

モールトン・オーバーホール⑮ by kattak@

クランク・BB編です。

2012051716060002 2012051716110000

使う工具はコッタレスクランク抜き工具,右の画像はそれにスライディングバーを付けたものです。

話が逸れますが、スライディングバーって便利なんですよ。

2012051716140000 2012051716140001
文字通りジョイント部分がスライドして使い方色々。

2012051716110001 2012051716120000


まずはクランク抜きを1段目の画像の状態にします。

この工具、クランク側のネジ山をなめやすいので、出来る限り手で入れ、レンチで締めるのは最後だけです。

2012051716120001 2012051716130000_2


最後まで締めたら、レンチは御役御免、今度はハンドルを回していきます。

初めてだったり、慣れない場合、手応えが重いかもしれませんが、自分を信じてグリッグリッ。

ポロッと取れるので、空いた手でクランクをちゃんと持ってて下さい。

画像は左クランクを使いましたが、右だとギア板がついてて危ないですからね。

お次はBBなのですが。

通常のBBのロックリングとちょっと様子が違います。

2012052208410000 2012052208420000

なんだか樹脂のようなもので出来ていて、フックレンチもズルズルすべりまくりです。

例えるならば、SPDペダルのロックブッシュのヤワヤワ版といったところでしょうか。

なんとか苦労しながら外すと・・・

2012051716210000

なんやコレ!!シールドベアリングやんか~!!

BBのグリスアップは無かったことにして、クランクを取り付けたことは言うまでもありません。
この自転車パーツ構成が今までワタシが弄ったものと違うので心が折れてしまいそうです。

2012052216580000

あまりバラしたままだと、何時までたっても終わりそうにないので、とりあえず組上げその都度メンテナンスをしていこうと思います。

サドルを以前貰った物に交換、なかなかイイ感じです。

ブログランキングに参加していますので、よろしければ下のバナーに応援のクリックをポチッとお願いします。

                                             にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2012年5月21日 (月)

先手必勝 by kattak@

本日、近所のホームセンターに寄ったついでに隣接するリサイクルショップも覗いてみたところ・・・

2012051513530000


シマノPROのエアーポンプ、中古ながら1050円の破格値!!

調べてみると、安くても新品で4000円程はするようです。

一旦帰宅して、本当に今必要かどうか熟考したうえでまた来ようかとも思いましたが、ここは県央地区のリサイクルショップを網羅するSIN君の縄張りでもあり、モタモタしていると無くなってしまう!

買うしかない!!今!!(倒置法にて)

っていうか、そもそも自宅での撮影なんですけどねw

2012051515440000

で、実際の使い心地ですが、ヘッドの真ん中に上向きの矢印が見えますか?

それと左側にS、右側にPの刻印。

Sがシュレーダー(米式)Pがプレスタ(仏式)の意味でしょう。

2012051515440002_2 2012051515440001

バルブに差し込んで、そのバルブの方式の方にレバーの矢印を合わせてポンピング!!

う~ん、長年愛用してきたS社のPよりも入れやすい。

ポンプ本体も廉価版にありがちな樹脂製ではなく、ちゃんと金属製で長持ちしそうです。

予備のつもりで購入したフロアポンプですが、どうやらメインポンプになりそうです。

ブログランキングに参加していますので、よろしければ下のバナーに応援のクリックをポチッとお願いします。 

 バナーをクリックすると、ロードバイクのブログランキングにジャンプします。

                                                 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
                                                    にほんブログ村

2012年5月12日 (土)

林家ベー kattak@

今月の工具箱仲間入り工具。

2012051022250000 2012051022290002

BAHCO・・・バーコ・・・バー子・・・・すいません、ちょっと飲み過ぎました。 

2012051022250001 2012051022290001

以前からモンキーレンチは持っていました。 

何が違うかというと・・・色?じゃなく 

2012051022250002 

小型のヤツを買い足し?・・・いえいえ。 

2012051022260000

新しい物の方がガバッと開きます。

古い方では30mm程までしか開かず、スレッド式のヘッドパーツが弄れないので購入。

折角なのでモンキーレンチでは評判の良いバーコの物にしました。

なかなか面白い違いが・・・

2012051022280001 2012051022290000

調整ネジの回転方向が逆になってます。

バーコの方が口を閉じた時に出っ張りが出ます。

この方式の方が同じ頭の大きさで口を大きく開けるのかな?

古い方は逆、多分普通このタイプが主流なんじゃないかな?

工具の世界もなかなかに奥が深いです。

ブログランキングに参加していますので、よろしければ下のバナーに応援のクリックをポチッとお願いします。 

 バナーをクリックすると、ロードバイクのブログランキングにジャンプします。

                                             にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
                                                にほんブログ村

2012年3月 5日 (月)

ブレーキ弄りたくなる道具 by kattak@

皆さんは、ブレーキのフネをキャリパーに取り付ける時どうしてますか?

何も考えんでポン付け?

ショップにお願い?

まあ、普通にいじる人ならトーインを付けるでしょう。

私の場合はフネの後端に程よい幅の厚紙を挟んで付けていました。

でも、最後に本締めする時にフネが動いたりするんですよね。

そこで以前から様々なブログで紹介されながらも、実物を見たことのなかったコレを購入しました。

2012022917460000

タックス・ブレーキシューチューナー!!

サイクルフレンド・タカタにて2400円ナリ。

構造と使い方はとてもカンタン。

20120229174600012012022917460002

左右の画像の違いが分かりますか?上端の厚みが違います。
薄い方を進行方向に向かって前、厚い方を後ろにしてリムに合わせるようになっています。

2012022918090002

上端内側にも突起があり、リムに引っ掛けて黒いツマミを回して固定します。2012022918100000_2

後はフネを一旦緩めて取り付けるだけ、これだけです。

あまりのカンタンさに、もう一台の自転車のトーインも付けなおしてしまいました。

なんかプラスチック製で安っぽく、自作出来そうな匂いもしますが、ブレーキのトーイン付けに時間を取られるくらいなら、他のメンテをするなり、走った方が絶対にお得です。

欠点としては、ある程度以上のディープリムや、ブレーキシューの当たり面が通常と違うホイールには使えないところでしょうか。

俺はこんなの使わんでもトーインくらい付けれるって方にも、自分で出来なかった方にもオススメです。

   ブログランキングに参加しています。記事更新の励みとなりますので、よろしければ下のバナーを1回ポチッと応援クリックお願いします。

 ロードバイクカテゴリーのランキングにジャンプします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2012年2月 1日 (水)

チェーンリンクオープナー by kattak@

お買い物シリーズ(いつの間に?)第二弾!!

2012013010160000

BBB製BTL-75オープンリンクチェーンオープナー

チョット変わったペンチみたいな形をしていますが、挟んだり掴んだりする物ではありません

モチロン、ワイヤーカッターみたいに切る物でもありません。

2012011511100000

コレ、所謂チェーンンリンクを外す為の工具です。

この手のチェーンリンク嵌めたはいいが、いざクリーニングしようとすると全く外れてくれない事があります。

モチロン、ラジオペンチやプライヤーを使って外せない事はないのですが、結構手間が掛かる上

指を挟んでしまう事すらあります。

ペンチで指に血豆を作れば誰だって

「怪我するくらいなら、黙ってチェーンウォッシャーで洗えば良かった」

って思うでしょう。私も思いましたw

んで、コレを買っちゃいました。

使い方はカンタン

2012013022380000

したいチェーンリンクのコマを挟み込んで握るだけ。

今までペンチでやっていた事は何だったんでしょう?

チェーンリンクの取り外しに掛かった時間を返して欲しいくらいです。

様々なメーカーから出ており、価格も1000円~2000円程度ですので

チェーンリンクを使い続ける方は一つ持っておいても損はないでしょうね。

2011年11月28日 (月)

工具箱の軽量化 by kattak@

自転車よりも重い私の工具箱、軽量化しましたw

Dsc01035

まずはロックリング回し。

Dsc01069 Dsc01066

左のセットで385g 、右の一体化された物で200g。

次はスプロケットリムーバー。
Dsc01070 Dsc01071

左335g、右が225g。

ここまでで、旧工具合計720g、新工具合計425g、295gの軽量化です。

ですが、去る工具あれば、来る工具あり。

BBカップ回し。

Dsc01068 Dsc01067

左がカンパ純正140g、右がパークツール製260g.

120gの増量です・・・orz

結局、マイナス175g止まりでした。

 

 






2011年11月27日 (日)

工具箱 by kattak@

放っておくと、どんどん増えていくのは体重だけではありません。

Dsc01035


工具箱もそうです。自転車歴が長くなり、様々なトラブルに出会う度に増えていきます。

Dsc01034


1段目。基本、使用頻度の高いものが上段にくるようにしています。

当然アーレンキーはココ。

Dsc01033


2段目

Dsc01032

3段目、ココまでで約10㎏。自転車よりも重いです。

工具を自転車屋で借りて作業をする方もいるようですが、私はそれはイカンと思ってます。

だって、板前に包丁貸せって言ってるようなもんでしょう。

自分で持っていない工具を必要とする作業は、工賃を払って自転車屋に任せるべきです。

自転車店だってお金を出してその工具を買ってるわけですしね。

肥えた工具箱の軽量化のため、いくつか工具を交換したのですが、それはまた明日。

2011年11月19日 (土)

苦い思い出 by kattak@

過日の記事BBオーバーホール(メンテナンスの壁編 )で書いたとおり

純正工具を使ったにも関わらず、右側BBカップを外すことができませんでした。

Dsc01057


コレがその時使った工具です。モチロンこの工具に罪があるわけでなく

私のメンテナンススキルが未熟なだけなんですが、力を入れるとどうしても斜めに回ってしまいました。

1回は逃げた私でしたが、先日ダモクレスをばらす際どうしても外す必要があり

いつもお世話になっている、自転車店の店長さんに相談したところ

「パークツールの物が使いやすくて、絶対外せますよ」との事。

Dsc01056Dsc01055

これがその工具パークツールBBT-9、私の勉強不足なんですが

このBB周りの工具はカンパ・シマノ共通なんですね。

右側の写真の部分はカンパでは使わない所みたいですね。

試しにこの工具を使ってみると、あら不思議!!

あれだけ私を苦しめた右側BBカップがクルンって回るじゃありませんか。

さっそく購入したのはいうまでもありません。

2011年10月13日 (木)

トルクレンチMkⅡ by kattak@

本日、ひょんなことから2つ目のトルクレンチを購入しました。

KTC デジタルトルクレンチGEK060-R3

Dsc00975

ザボーガーと比較するとこんな感じです。

測定範囲が12~60Nmで、先日購入した物が2~14Nmだったので

この2本があれば自転車のメンテナンスはカバーできるでしょう。

定価が3万円弱、ネットの安売り店でも1万7千円程度はするのですが

近所のリサイクルショップでなんと1万円!(税抜き)

今年の7月以降の品物みたいなのでなかなかのお買い得品でした。

さあ~どのボルト回してみようかな~