フォトアルバム

新規入会者募集中!

  • 入会希望の方は、メールお願いします
    氏名・年齢・住居地・携帯アド・携帯番号を記入して、メールお願いします。

サイクリストが集うショップです

ランキングに参加しています、ポチッと応援クリックの協力お願いします。

イベント・練習活動計画:代表的な企画です。

  • ● 定例練習会は毎月、第1・第3土曜日実施します。
    午前8時、大村運動公園集合です。

最近のトラックバック

メールアドレス

2012年9月 7日 (金)

自転車が関係した事故統計(大村市)

長崎県は海と山ばかりで、自転車に乗る人が少ないと思われ

ている方が多いと思います。

 某TV番組で、『長崎県民は自転車に乗れる人が少ない!』

と、間違った放送をしていたし、そういった先入観を持っている

人も少なからずいるでしょう。

 自治体単位では、地形上、市街地が平地になっており、

 人口に対しての自転車の保有台数は県下ナンバーワン。

 自転車が関係する交通事故発生件数もナンバーワン!

 自転車の盗難発生件数もナンバーワン!

と、統計上三冠王です。

 これは、ほとんどが通勤・通学・買い物で乗る軽快車(ママチャリ)で、子供からお年寄りまでが乗っている自転車を対象としていると思われます。

 スポーツを目的とした、マウンテンバイクやロードレーサー含まれていますが、微々たる台数です。

 大村市内に限ったことではないのですが、ママチャリは全て歩道を走行しており、『自転車通行可』以外の歩道でも、当たり前のごとく走っているのです。

Jitennsyatuukoukahyousiki_1

 これについては、道路事情もあり行政などの担当機関に委ねるとして、自転車の交通事故について記してみます。

 自転車が関係した人傷(被害・加害)については

  長崎県下で184件、うち大村市内で47件で、全体の26%

約四分の一が大村市内で発生しているのです。

 人口10万人ちょっとの大村市で、これだけの人身事故が発生しており、物件事故に至っては、ほぼ毎日発生しているのです。

7690545

 事故態様としては、通勤通学時に車との出会頭が多いのです。

  ・歩道走行中に、脇道の切れ間で徐行・一時停止をしない。

  ・交差点通過時、一時停止もしくは徐行しない。

  ・歩道で、歩行者と避けながら・避けさせながら走行。

  ・安全不確認。

などが原因で、歩道を走っている人は、車両(軽車両)を運転しているとの認識と自覚が欠如しているのです。

 歩行者と違って、車両を運転しておれば当然、責任が生ずるし、相手に対しての損賠賠償責任も発生するのです。

 車を運転する側も、常に大村市内は自転車が多く、歩道を自転車が走っていることを、認識しておくべきで、交差点では車道ばかりではなく、歩道も細心の注意を払うべきです。

 自転車は、エコであり便利な乗り物ですが、乗り方を誤れば自分や周りの人に多大の迷惑や悲劇を招くのです。

 結果が出たからは遅すぎるし、自分が事故に遭うか、どんな乗り方をしたら事故を起こさないか、自問したらいかがでしょう

 ちなみに、ロードレーサーが関係した事故は2件で、追突の被害事故と交差点での出会頭事故でした。

 盗難については無施錠の自転車の盗難がダントツで、施錠さえしておれば、盗まれる確立が必ず下がります。

 ママチャリ対象の交通事故について記しましたが、スポーツ自転車も、止まる場所では止まり、徐行するところでは徐行、

そして、安全速度の遵守と安全確認を怠らないようにすれば、

事故を避けられるはずで、加害者にはならないはずです。

 今月は全国交通安全旬間が始まりますし、スポーツシーズンが無駄に終わらないよう、交通事故には十分気をつけましょう。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2012年9月 5日 (水)

自転車心でドライビンッ by kattak@

自転車乗りだから自転車しか乗らないってヒトは殆ど居ないんじゃないでしょうか?

 

そういうワタシも通勤やレジャーはモチロン自動車です。

皆さんは自動車を運転していて思いませんか?

前を走っているクルマ、なんて無駄な運転しているんだろうって。

例えば

一つ先の信号が黄色になっているのに、前者との距離を縮める為にアクセルを踏み、結果赤信号でブレーキを踏む。

これなんか、黄信号を確認した時点で惰性で走れば、アクセルを踏む事もないし、ましてやブレーキを踏む事もない。

その他にも

下りのコーナーで必要以上に減速し、その後加速する。

アクセルを踏んだらガソリンが減るし、ブレーキを踏んだらブレーキパッドは減るし、ブレーキフルードも劣化するんですよ。

これが自転車なら、わざわざ前の信号が黄色になっているのにペダル踏むヒトはおらんでしょう。

だってキツイもんね。

自転車でロングを走る時の心得って言うのは、いかに体力を使わずに楽するかって事に尽きると思うんですよ。

出来る限り漕がず、出来る限りブレーキも引かん。

自動車って乗り物は、なまじ自分の力で動かすものではないから(当たり前ですが)そこらへんの勿体無さが分からないのではないでしょうか?

もっと自転車乗りの心で皆が自動車を運転したらいいのにと、今夜の酔っ払いは思ったのでした。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2012年8月22日 (水)

気を付けなはれや by kattak@

長崎県の県央自転車乗りにとって琴の尾や干拓地と並ぶ練習の場、いや聖地でしょう、ワタシkattak@もクルマ、バイクの頃からお世話になりっぱなしです。

 

2012081913120000

ここは山(仏舎利塔)側コース、陰平町のマンゴー園に下る道。

つい最近喫茶店(?)がオープンしました。

 

2012081913130001

ココ、お店の名前は・・・

知りません!!

って言うか興味がありませんw

問題なのはココを出入りする自動車です。

アナタがこの道を登りで通過するなら影響はないでしょうが

下りならば・・・?

正直そんなに交通量の無い道、出入りする自動車も他の自動車に対しては注意を払うでしょうが、自転車相手では?

コチラはいつものコースとして同じような感覚で下っている時に

自転車のスピードなんて全く知らないお姉チャンの運転する若葉マークの軽自動車がノロノロと右折で出てきたら?

うう~想像するだけでも恐ろしい事です。

ここでは今まで以上に注意し、減速する必要がありますね。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2012年7月 5日 (木)

女神降臨 by kattak@

イタリア~東京経由で長崎にやって来ました。

 

2012070410410000


その物金色の衣をまといて・・・

 

2012070410420000 2012070410430001

自転車乗りの聖地マドンナ・デル・ギザッロ教会のお守り。

本当は自分で訪れて求めるべきでしょうが、今回は・・・

いつか自分で行った時に買い求めましょう。

2012070410430002


聖母(マドンナ)のレリーフ、周りはチェーンリング。

因みに歯数は35T、コンパクトクランクのインナー程度ですw

2012070410440000 2012070410440001


左側画像、多分聖母はギザッロの聖母はアナタを守ってくれますみたいな事が書いてあるようです。

右側画像ギザッロ教会です、二つ前のカードと一緒。

ステムなりヘッドチューブなりに巻きつけてボルト留めするようです。

ん・・・?

2012010712280000_2

お稲荷さんと聖母さん・・・・ケンカせんよね?

まあ、浄土真宗のワタシ、初詣には神社に行きますし、結婚式は教会で挙げましたので大丈夫でしょう。

日本には八百万の神という言葉もある事だし、神様はケンカなんてしないでしょう。

                                                  にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
                                                     にほんブログ村

2011年7月27日 (水)

天罰 by kattak@

本日は夏休み中の娘をプールに連れて行く予定でした・・・

・・・が、天候不良の為に取り止め、ヘッドの様子見とサドルのインプレを兼ねて走りに出かけました。

25km程進んだころ前方の信号が赤に・・・停車中の車の脇を惰性でスルーっと・・・

と、その瞬間右横の車の助手席側ドアが!

普通は(事故に普通があれば)開いたドアに突っ込む所でしょうが

避けるとかいう段階でなく、開いたドアがブレーキブラケットを握った右手の前に!

右手の人差し指と中指が、ブレーキレバーと車のドアの縁に挟まれで停止、左膝はしこたまハンドルにぶつけて悶絶。

念のため救急車で病院へ、診察の結果、骨折等の大事には至らなかったもののさすがに自走はムリ。

嫁にお迎えに来てもらったところ

嫁「(娘)をプールに連れて行っとけば事故に遭わんやったろうに(笑)」

娘「そしたら、プールで溺れとったさ(笑)」

との辛辣なおちょくりに返す言葉もなく、出血した手で触ってしまった為、卸したその日に血で汚れたアリオネVSの弐号機を車に積み込みながら頭に浮かんだ言葉。

天網恢恢疎にして漏らさず

2011年5月10日 (火)

高校にサイクルジャージ姿で講話をしてきました。

本日午後、県立O高校の体育館において、全校生徒・教職員約1100名の前で、「自転車の安全利用について」のテーマで講話をしてきまし。

Nec_0367

講話中のスナップです。

我が自転車を持ち込み、ぽぽ丸ジャージ姿で全校生徒の前に姿を現した瞬間

生徒たちは、唖然 eye 

「なんでサイクルジャージ姿のおっさんが入ってくるんだ!」

そんな雰囲気が伝わってきた! もちろん私に釘付け状態!

それで良いのです。・・・・・・・何を話すか・・・・注目してくれるし、自分のペースにはまってくれたのです。

講話の趣旨は

 ・サイクリストの走り方と事故防止・防衛運転

 ・サイクリストからみた学生の自転車のマナーと罰則について

 ・走り方で凶器になるが、正しい乗り方しだいで素晴らしい乗り物になる。

結局、自転車通行可を走るときは歩行者優先であり、一時停止・二人乗り等の違反には、罰金の罰則があるので、責任を持った走りをしてもらいたい旨の話をしました。

 話の前に、生徒5人を選び、我が愛車を持たせて重量当てのゲームをして、重さが一番近かった生徒に、LEDホイール用ライトを進呈しました。

Nec_0366

みんな、私の話をよく聞いてくれました。

外は大雨でしたが、高校生約千名の熱気でムンムンしており、もうすぐ還暦の私は元気をもらいました。

また、要請があれば、面白いネタを用意して楽しく安全について話をしたいと思っています。

20日過ぎは、県立O工高校で話をします。

2011年5月 9日 (月)

春の全国交通安全運動が始まります!

東日本大震災で4月に実施予定だっ交通安全運動が今月にずれ込みました。

実施期間   5月11日(水)~5月20日(金)  10日間

重点     1 子供と高齢者の交通事故防止

        2 飲酒運転の根絶

        3 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

        4 自転車の安全利用の推進

スローガン  行けるかな 渡れそうでも 待つ勇気

 重点に自転車の安全利用の推進となっていますが、これについては、近年、自転車利用の増加と自転車にからむ交通事故が増加しており、さらにマナー低下もあり、総括的な名称になっています。

  ・歩道を我がもの顔で走る自転車。

  ・道路に広がって走る自転車。

  ・路地から車道に飛び出す自転車。

  ・路地や交差点で安全確認をしない。

 例えたらきりがありません。

 交通法令では、自転車は、車道を走らなければなりませんが、特例で「自転車歩道通行可」の

 標識の接地区間は歩道を通行してもかまいません。

 しかし、歩道を走る自転車は歩行者ではないのです。

 軽車両で立派な車両であって、歩行者や者に衝突すれば、当然損害賠償・慰謝料の支払い義務が発生し、人身事故の場合は刑事罰を受けることになります。

 ローディーは歩道を走りませんし、ママチャリみたいにフラフラゆっくり走らないので、歩道は危険すぎるのです。

 歩道通行可の歩道を走る場合は歩行者の横をすり抜けるのではなく、一旦手前で停止するか、歩行者が多いときは降りて歩くべきです。

 危険なのは、すり抜けるときにベルを鳴らすのが危ない!ベルによって驚愕して進路前方に飛び出すことがあります。

 ママチャリや学生の軽快車を悪者扱いにしているような書き方ですが、事実統計では、加害・被害事故の割合がほとんどを占めています。

 われわれロディーは、安全運動を機会として、交通法令を遵守し、交通マナーを守り自転車乗りの模範となるよう運転をしましょう。

 「自分は、ちゃんと運転しているばい」

といわれる方がいるかもしれませんが、再度気持ちを新たにするのも良いと思います。

 若者グループSIGNALは、活動理念に交通法規を守り・交通マナーアップを掲げています。

 わたしは 、安全運動期間中に自転車とおして自転車の啓発活動をしますので、レポートを掲載します。

 車を運転される方は、交通検問・取締りが強化されますので、安全運転をして交通事故防止に努めましょう。

Catch10

 

 

2010年10月24日 (日)

風に吹かれて by kattak@

 先日、中央干拓地にて独りで練習していた時のハナシ

 

駐車場で帰り支度をしていると、少し離れている土手に除草作業をしている人が二人ほど

 

私は(おそらく皆さんも)公道の除草作業と同じく、市に委託された業者さんがやっているものとばかり思い特段注意を払っていませんでした

 

結構距離は離れていましたが、風がその人達側から私の方に吹いていたので、思いのほかハッキリと二人の会話が聞こえてきました

 

「やっぱり競輪選手は違うね」「帰る時、ありがとうございましたって言うもんね」

 

・・・どうやら、二人は業者さんなんかじゃなくて干拓地の農家の方らしく、ケイリンセンシュと私(その他一般自転車乗り含む)を比較し、私の方をチラ見しながら会話している。

 

モチロン二人共私に聞こえているとは全く気付いている様子もなく、次の話題に移っていった

 

う~む、イカンね、こりゃ。

 

あそこは走りやすいから人が集まっているだけで、いわば畑の周りの道、農家の人にとってみれば自分とこの道だ、だれだって自分の家の前の道は自分とこの道だと思うだろう

 

これが1回こっきりの観光客ならば嫌われようが喧嘩しようが全く無問題だが、我々はそうもいかない

 

極端な話、私が農家でトコトン自転車乗りが嫌いならば、他の農家の人に声を掛けて道路に自動車を互い違いに止めたり、コーナーに砂を撒いたり、徹底的に走りにくくする努力をするだろう

 

ずっと気持ちよく練習するために、法律的には公道だろうがなかろうがに関わらず、こちらからも「お仕事ごくろうさまです。決して作業のじゃま邪魔はしませんので、畑の周り走らせてくださいね」くらいの気持ちは表さなきゃだめだろうね。

 

 

・ 自販機の前であったら挨拶くらいはする

 

・ 交通ルールを守る(どうも知らない人も多いらしく、周回練習時、お野菜看板の交差点を停止もしくは減速もせずに突っ切る人がいる)

 

・ごみは持ち帰る

 

くらいは、当たり前だよね。

 

 

ぐだぐだと分かりきった事ですが、農家の方の苦情が出る前に(もう出てるのかも・・・)自転車立ち入り禁止になる前にと思い、老婆心ながら書き込ませていただきました。