フォトアルバム

新規入会者募集中!

  • 入会希望の方は、メールお願いします
    氏名・年齢・住居地・携帯アド・携帯番号を記入して、メールお願いします。

サイクリストが集うショップです

ランキングに参加しています、ポチッと応援クリックの協力お願いします。

イベント・練習活動計画:代表的な企画です。

  • ● 定例練習会は毎月、第1・第3土曜日実施します。
    午前8時、大村運動公園集合です。

最近のトラックバック

メールアドレス

2013年6月 5日 (水)

7970Di2の変速調整とチェーン注油にダメだし(>_<)

  昨日のトレーニング中に、7970Di2のギアをアウター側にした際ガッチャ・ガッチャと異音がする。

 上り坂でフロントがアウト・インナー両方でも、リヤをアウター側に変速して走るとガッチャ・ガチャ!
 変速調整を自分でしたので、不具合が出たのだろうと思いましたが、走行に支障なかったので続行。
 帰宅後に車載してショップに持ち込んで、症状を説明すると
やはり、上手に調整が出来ていなかったそうです。
 やはり、簡単に調整ができると唱っているが、精密で繊細な機械なので、ショップに持ち込むのが最善の策です。
 調整中に店長が
 「チェーンに注油していないでしょう。」
 私は
 「先週、雨降りに走ったから土曜日にオイル塗ったよ。」
と、返事したが乾いていると指摘。
 更には、居合わせた連中から
 「触っても汚れしか指につかん。」
と、言われる始末。
 私の注油の方法は、チェーンオイルを布に染み込ませて、チェーンに巻き、クランクを回していました。
 そうすると、汚れも落とせるし、注油もできて一石二鳥だと思って、今までその方法でしていたのです。
20130605_0016581
 「今日、晴れて暑かったから乾いたんじゃ?」
と、苦し紛れで弁解するも通用しませんでした(´・ω・`)
 やはり、注油は直接オイルを吹き付けるべきで、オイルが垂れないように拭き上げるのが基本で、作業を省略したらダメですね。
 店長が注油してくれたのが、チェーンルブで私も使っている優れものです。
 20130605_0016381
 
 チェーンのメンテは、駆動関係で大事な部分でもあり、「注油を疎かに出来ないな」と再認識しました。

 壱岐のレースまで4日ですが、心身万全ではないので、下のバナーを応援クリックよろしく願います。

 ロードバイクブログ集にジャンプします。
 
 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村

2013年6月 2日 (日)

BOMA専用ブレーキシューに交換前、シュー固定ネジをなめる!

 RACING3が無くなり、手元にあるのはキシリウム・エリート1組とBOMAカーボンホイール2組の計3組になりました。

 エリートは里子に出しているので、BOMAアルマーにカーボンホイール専用のブレーキシューに組み換えることにしました。

 20130602_210403

 Di2にはNEWスパーダーをセットした時に交換しており、アルマーにはアルミおよびカーボンリム専用でいわゆる兼用のシューを取り付けていました。
20130602_210555

20130602_210843

 そのまま使っても良いのですが、Di2にセットしていたBOMAカーボンホイール用純正のブレーキシューが、雨降りに良く効いたと言うか、制動効果が抜群だったのです。

 先日雨降りの中開催された、BOMA車試乗会の参加者も、ブレーキの制動効果が高評価だったし、命に関わる大事な部分です。

 アルミ&カーボン兼用がダメではなく、制動効果はありますが、BOMA純正シューがより効いたからです♪

 BOMA純正シューに交換するために、シュー固定ネジを緩めようとしたら、なんとネジが『なめて』いて、2mmアーレンキーが空回り!

 フロント左側のシューが交換できない!
20130602_210613

 ショップに持参したら、どんなにして外したか目撃していませんが、簡単に固定ネジを交換してもらいました♪

 そして、前後計4本のブレーキシューの交換が完了しました。
20130602_2301161

 兼用のシューは黄色のカスがシューに付着して、小汚い感じでしたが、もう目立たないのも嬉しいですね。

 ブレーキシュー固定ネジは穴も小さくて強く回すと、なめてしまうケースが多々あるそうですから、ギッチギッチに締める必要ないそうですよ。

 失敗の連続ですが、記事更新のモチベは維持したいとおもっていますので、応援のクリックをお願いします。

 ロードバイクブログ集にジャンプします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2013年5月31日 (金)

DURAーACE 7970所有者、降雨に焦る!!

 昨日のサイクリングの降雨は予想し覚悟していたが、いざ降られると体が濡れるし、バイクも水浸しになるし、目的のチャンポンは食べられないの散々な一日でした。

 7970Di2を初めて濡らしたわけですが、機能的には何ら問題なし。

 私が危惧していたのは、DURA7900と同様な方法で、水をジャバジャバかけて洗車ができるのか?

 と言うことで、昨日の相棒に聞いたところ、

 「普段通りの洗車で良い。」

との返答。

 彼もアルテDI2を所有しているので一安心(^O^)

 しかし小心者の私は、ジャバジャバが出来ずに座敷牢で乾かして、フレームを傷つけないよう注意してメンテしました。

 天下のSHIMANOが、雨ごときで容易く壊れるようなのを、高額で販売するはずがありません。

 NETで調べると、防水性は完璧で開発時に冠水した状態で走行し問題なかったそうです。

 ただ、降雨の中でバッテリー交換しない、バッテリーを外して洗車しない、ジェット噴射式の水流はNGだそうです。

20130531_201036

 聞いた話ですが、ブルベで鹿児島県桜島付近を走行中に、折からの降雨と火山灰によって、Di2が機能しなかったそうです。

 原因は、バッテリーとブラケットの気密性が高いといっても、
粒子か細かい火山灰が水分を含み、隙間をジワジワ端子まで浸透し不具合を起こしたようです。
20130531_201145

20130531_201208


 彼が言う通り、機械式と変わらない方法で洗車すれば良いし、プロレーサーが天候に関係なくDi2でレースしているのだから、雨でも心配無用。

 梅雨入りしたし、
 「6月9日の壱岐サイクルフェスタは7900のバイクで走ろうかな?」

と思っていましたが、決戦用BOMAで走ります。

 しかし、水をかけて洗車できない小心な私がいます。


 ポチッと下のバナーをクリックされたら、私のモチベーションUPです。

 ロードバイクブログ集にジャンプします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2013年5月 7日 (火)

GW期間中、お世話になったBOMA Rsiをお掃除。

 

 GW期間中、行動を伴にした愛車BOMA Rsiをお掃除しました。

 ● 3日のツール・ド・国東160キロ

 ● 4日の朝練   37キロ

 ● 5日のサイクリング 75キロ

 ● 6日の島原半島一周 130キロ

 国東と島原半島の前にチェーンに注油した程度で、フレームやフリーが汚れまくり。

 アスリートメンバーのバイクが汚れているのを見る度に
 
 「走るばかりではなく、たまにはバイクを掃除せんか!」
と、言っていたのですが、実際連チャンで走ると、バイクの手入れが疎かになっていしまいました。

 彼らの気持ちも分かりますが、性格的にしない者もいるかもしれません。

 彼らから、汚れたままのバイクを見られて

 「人に言って、自分もじゃなかですか!」

と、言われたくないし、お掃除しなかった事を

 「ゴメンネm(_ _)m」

と、バイクにペコリ。

 ヘタレな私を乗せて、RsiとDi2DURAの性能を引き出せないまま、402キロも付き合ってくれた感謝の念を込めて、お掃除と注油をしました。

20130507_2307031

 19日にタカタさんで、BOMA製品の試乗会があるけど、多分、浮気心は湧かない?と思うけど、まだまだRsiは私のパートナーになってくれるはず・・・・・・・多分?

 あっ!!  忘れていた!! allumarもいたんだっけ!!

20130507_2308171

 ジテツウ2回のみで、放ったらかしてゴメンm(_ _)m 

 更新のモチベーション アップになりますので、下のバナーをポチッと1回クリックしてね(^-^)

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2013年4月24日 (水)

7970微調整の反省(昨日の続き)

 昨日シマノ7970 Di2のリア微調整を自己責任でドツボにはまり、ローギアに行かなくなり焦った記事を書きました。

 本日、仕事帰りにショップ(タカタ)にバイクを持参して、元に戻してもらいました。

 もちろん、手ぶらで行ったら何て言われるか分からないので途中のローソンでポテトとからあげ君を買い、ご機嫌を損ねないようにしました。

20130424_1745441
 原因は、私の初歩的ミスと言うか、オギちゃんの説明を良く聞かず、その場で私が教えてもらいながらの実技をしなかったことです。

 彼は、あっと言う間に調整してくれて、あっけに取られている私に、説明してくれました。

20130424_180845
 要するに、ジャンクション(A)のボタンを押して、赤色LEDを点灯させ、いきなりシフトスイッチを外側(トップ側)に4段階クリックさせたためです。

 そのために、Di2が一段下の6枚目に固定した状態を認識したため、ローに入らなかったのです。

 説明書に書いていたのですが、赤色LEDが点灯した後、レバーを操作して4枚目のギアとチェーンが微かに接触する異音がし出すまで移動させるのです。
 音がしたら前記の4クリックをして、LEDを消灯させたら微調整完了。

 この操作は、取り付け後の初期微調整と勘違いし、不覚にも省略し、いきなり4クリックしたのです。

 オギちゃんの指導のもと、ギアを狂わせた私のバイクで再度調整したらバッチリ出来ました。

 セーバー機能は関係なかったようです♬

  教訓: ろくすっぽ機械式のギア微調整が出来ない者が、いきなりDi2の微調整をするからドツボのハマるのであって、要するに極力触らないことなのです。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2013年4月23日 (火)

やらかした~!シマノ7970の微調整したらドツボにハマる!

 シマノ7970装着のBOMA RSiのバイクにBOMAカーボンホイールをセットしたところ、ギア鳴りが気になり、ショップ(タカタ)に持ち込み、オギちゃんに微調整してもらた。

 「これくらいは自分で出来るようにならないと。」
と言われ、彼の説明を聞きながら見学する。
 まずは、リアをローから数えて5段目にシフトして、ジャンクション(A)のボタンを0.5秒押して赤色LEDを点灯させます。
20130423_2043331
20130423_2013541
20130423_2014181
 レバーを操作して4枚目のギアと接触して、かすかに音鳴りする位置までガイドプーリーを内側に移動させます。
 そこからシフトスイッチを外側(トップ側)に4段階(クリック)
移動させた位置が目安の位置になるそうです。
 なるほど、音鳴りがしなくなり、オギちゃんが
 「たかちゃん、簡単だから今一回してみれば。」
と言われたが、見取り稽古で十分と、あっさりご遠慮申し上げた。
 『忠告&アドバイスは素直に受けるものだ!』
と、今現在つくづく反省しています。
 と言うのも、先日言われた微調整を思いだし、いっちょう自分もしてみるかとチャレンジ。
 何をトチ狂ったのか、Aボタンを長押ししてしまい、セーバー機能にしてしまい。
 セーバー機能が終了する前に、ボタンを押したり、切ったり、5回シフトを押したり、いわゆるプチパニック状態。
 結果、チェーンがローギヤに入りませんcrying
 この操作は、機械式で言うところの、ワイヤーのアジャストボルトを回して微調整するのと同じ原理ですが、恥ずかしながら7900の調整でドツボにハマる常習者なのです。
 7970ならアジャストボルトを回さないし、クリック4回だけで済むとは、Di2はお利口さんなのだ!
 と感心していた私は、7900と同じドツボにはまってしまったのだ!! 
 明日の仕事帰りにタカタへ持参するため、我がリムジン(アトレィ ワゴン)に積み込むsad
20130423_2129031
 オギちゃん御免なさい、明日、手とり足取り教えてもらいますのでお願いm(_ _)m
 ドジだなと思われた方は、下のバナーをポチッと1回、応援のクリックよろしく願います。
 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村

2013年1月25日 (金)

スピードプレイ組み付け① by kattak@

前回、無意味な記事を書いてしまいましたw

P1010036

こんな箱に入っています。

P1010038

中身はこんな感じ、ペダル&クリートのセットなんで、とりあえず走るぶんにはこれでオッケー!!

P1010042

クリート部分だけでコレだけのパーツです。

向かって右から、黒色樹脂のクリートベース(以下ベース)、黄色樹脂もクリートインナー(以下インナー)、ブロンズ色金属のクリートアウター(以下アウター)パーツですね。(全てワタシが勝手に名付けました)

P1010041

ワタシのシューズ、BONT-A3のソールです、細かく目盛りが刻んであるのでスピードプレイには適していますね。

ちなみに左右に見える白い矢印は、親指と小指の付け根を示しています。

ワタシは初めてのシューズやクリートの時はこの印の間にペダルシャフトがくるようにセッティングしてます。

P1010044_3
ベースには中央に溝が刻んであるのでソレをソールの目盛りに合わせます。

(実物は白く塗られてませんよ、念のため)

P1010046_2 

このベースの取り付けが結構重要みたいです。

ここでベース部分が真っ平になっていないと、インナーとアウターが歪み、ペダルのキャッチに悪影響を与えるようです。

その為、調整用のシムで、なるべく平になるようにしなければいけません。

P1010047_3

横から見るとこんな感じ。

調整用シムは2つ付属、1つは最初にベースに付けてあります.

爪先(フロント)側が1Fと4F、踵(リア)側が1Rと4R、数字が大きい方が厚いようです。

色々試した結果、BONT-A3には4F・1Rの組み合わせが良いように思われました。

引き伸ばしたいわけではないのですが、画像が貼れなくなったので続きますw

諸事情により続きはhttp://kattaka530.hatenablog.com/entry/2013/01/25/205313

にて掲載しています。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2012年12月29日 (土)

よう考えた!! by kattak@

先日ハンドルを交換しました。 

P1010016

 エアロバーの方ですね。 

P1010015

 横から見るとこんな感じ 

P1010055
元はコレ 

P1010014

見づらいですが元のバーとの差はこれだけ、6cm程あります。 

これだけ差があると、ワイヤーも交換する必要があります。 

っていうか、コレで普通に取り付けられたら元のワイヤーの切り方がおかしいって話ですよね。

 

しかし未だTTポジションが定まっていない私、ここでワイヤーやバーテープを引くのも二度手間になるかも・・・

 

そこでワイヤーは今までのまま、シフターをココに取り付けました。(1枚目の画像のアップなんですけど気が付きましたか?)

P10100172_2

ココ、エアロバーの根元なんです。 

元々がバーエンドシフターなんだからとエアロバーのエンド部に取り付けました。 

最初はあまりの急角度に考えさせらえましたが 

P1010018

こうしましたw 

P1010019

コッチの方が見やすいですか。 

そのままの取り回しでは、あまりにもキツかったので、一旦ベースバーを跨ぐカタチで持ってきました。

我ながら良くぞ思いついたものです。 

とりあえずポジションが決まるまではこれでしのげるでしょう。

PS.今日このハンドルでダンシングしたところ、シフターが膝に刺さりました・・・orz

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2012年12月28日 (金)

MSX by kattak@

ワタシが始めてマイコン(当時はパソコンではなく、こう呼んでいました)を買った頃は記録媒体はカセットテープでした。 

フロッピーディスクドライブ(しかも3.5でなくもっと大きかった)が一基10万円くらいしましたもんね。 

ウインドウズどころか、MS-DOSすらなく、各社いえ、各機種ごとにOSが違うような状態でした。 

そこでパソコンを販売している、企業が共通の規格で出したのがMSX(規格)パソコンだったんですね。 

残念ながら基本的な性能がイマイチだったので主流には成れなかったんですけどね。

 

え?延々となんの話をしてるかですって?

今回はちゃんと自転車の話ですから。

 

自転車のスピードメーターって前記の事と同じだったと思うんですよ。

 

ですよって過去形で書いたのは今はANT+って言う共通規格があるからなんです。 

だからパワータップをガーミンのエッジ500で表示させたり出来て凄く便利なんですよね。 

基本、ANT+対応って書いてあったら他所のメーカーでも使える事になってます。 

じゃあ、ANT+対応品なら安い方が良いっていうのは当然の心理ですよね。

で、コレです。

P1010012

briton(ブライトン)って言うのは、ぶっちゃけガーミンみたいなモンです。

 

Rider50

コレですね。

 

上のダースベイダー見たいなのはブライトンのスピードorケイデンスセンサーです。

 

orって付いているのは残念ながら、どちらかにしか使えないからです。

普通ガーミンその他のスピード&ケイデンスセンサーなんてどっちも測れますよね。

じゃあ何でコレを買ったかと言うと、コッチの方が1000円ほど安かったからなんですよ。

エッジなんて速度はGPSで測るから、ワタシは普段ホイールにマグネットなんか付けていないんです、使わない機能なら要らないし、その分安いほうが良いかなと思った次第です

結果、当然問題なく使用できました。

で、考えたんですけどね。

今回のワタシのようにケイデンス若しくはスピードだけ測りたいから安い方が良いってヒトはコレで良いと思うんですが、ブライトンでスピード&ケイデンスが測りたいヒトは二つ必要なんじゃない?

チェーンステイに2つもセンサー付けるの?

ぶっちゃけ

ガーミン純正のスピード&ケイデンスセンサーが5000円

ブライトンのスピードorケイデンスセンサーが4000円

4000円2個より5000円1個の方が安いし、共通規格で問題なく使えるんだから意味なくない?

う~ん、まさにMSXな・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2012年12月21日 (金)

FCR-1とSELLE SMPの相性 by kattak@

現在ヘビーローテーション中のFCR-1TT。

P1010093

サドルはSELLE SMP NAKED WOLF(kattak@命名)

羊の皮を被った狼の皮を剥いだモデルですwww

P1010094

緩衝材どころか表皮すらない漢のサドル(結構・・・いや、かなりベースが柔らかいですが・・・)

SELLE SMPシリーズはセッティングがバチっと決まった時はサドルが消えたと評されるほどですが、テキトーな所で妥協すると拷問器具に変身するツンデレなサドル。

よって、新しいFCR-1TTのポジションに合わせる為、ちょいと走っては止まり、ちょいと走っては・・・を繰り返す事になります。

しかもFCR-1のシートピラー、サドルのクランプが普通の六角ボルトになっています。

P1010095

うわ~、調整しづらさそう~!!

と、思うでしょう?

ところが、このSELLE SMPに限ってはそうではありません。

P1010096_2

ワタシが愛用していた、SCICONのサドルバッグなどは取り付ける事が出来ない程レールが離れていますが・・・

そこに、ほら!!

P1010097_2

メガネレンチがスッポリ入って・・・

P1010090_2

60°位は回せるでしょう。

いっその事、座面の穴からラチェットでガチャガチャやる方が良いかもしれませんね。

P1010099_2

弄りやすいので調整するのが全く苦にならず、とりあえず満足のいくカタチになったのがコノ姿です。

FCR-1のシートピラーとSELLE SMPの愛称はバッチリです。

この冬はコレで乗り込んでみたいと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村