フォトアルバム

新規入会者募集中!

  • 入会希望の方は、メールお願いします
    氏名・年齢・住居地・携帯アド・携帯番号を記入して、メールお願いします。

サイクリストが集うショップです

ランキングに参加しています、ポチッと応援クリックの協力お願いします。

イベント・練習活動計画:代表的な企画です。

  • ● 定例練習会は毎月、第1・第3土曜日実施します。
    午前8時、大村運動公園集合です。

最近のトラックバック

メールアドレス

« 2013年9月 | メイン

2013年10月

2013年10月21日 (月)

事情により、暫らくブログを休止します。

 ブログが無くなるのではなく、更新がストップするだけです。

 個人的な事情により、更新のモチベーションが低下してしまい、意欲が湧いてきません(。-_-。)

 そんな状況で書いても、くだらない愚痴っぽい記事になってしまいます。

 ならば書かない方が良いとの結論に達したため、休止を決定しました。

 

 前回のように約3ヶ月間もストップしませんし、数日か数十日かは不明ですが、しばらくお待ちくださるよう心からお願いします。

 「何があったの?」と思われる方がおられたら、返答は心境の変化です(^-^)

 

2013年10月17日 (木)

屋久島トレッキング2日目(宮之浦岳登山編)

 

 屋久島2日目は、いよいよ宮之浦岳登山!

 九州の最高峰(1936m)を目指して、新高塚小屋に泊まります。

 午前4時半起床し5時にユースホステル発、車で屋久杉ランドに向かい、そこの駐車場に駐車し、予約していたタクシーで淀川登山口に向かいました。

Img_0254 
 淀川登山口から一路宮之浦岳を目指して、杉の古木が生い茂る森の中に入りました。

 世界自然遺産の屋久島は、手付かずの原生林で、アップダウンが続く険しい登山道ですが、木道が整備されて自然を傷つけないように配慮されています。

 崖をよじ登るような箇所には、必ずロープが設置されてもいます。

 淀川避難小屋で休憩し水を補給。

 

Img_0258

Img_0264

途中に見える、頂上に鎮座する大岩!

私は、これをロールケーキ岩(見た目)と勝手に呼称していました。

屋久島全体が花崗岩で形成されており、長年の侵食により巨岩がむき出しになっていいるのです。

  Img_0275

Img_0277

Img_0296

 途中、黒味岳に寄り道し、頂上の巨岩の上でしばし休憩しましたが、これが大誤算で予定の時間をオーバーしてしまったのです。

 Img_0297

 背後の右側の山が宮之浦岳で、ここ(黒味岳)からまだ約3時間の行程です。

Img_0293
 

 黒味岳から宮之浦岳の景色ですが、ここからが急斜面が連続する難所となりますが、頂上付近に来ると、杉に変わり笹が低く生い茂っています。 

Img_0310

 

 やっとの思いで宮之浦岳に到着したのが、午後2時過ぎで予定時間を3時間オーバーで新高塚小屋に到着するの6時前になってしまう。

 それに、爆弾を抱えている右膝が大笑いしだしているし、ペースダウンは明らかで皆の足を引っ張ってしまう。

 山小屋は先着中で、満杯ならテントを持参していない我々は野宿になってしまう!

 連休であり、他の登山者から満杯状態の情報が入っていいるので、野宿だけは阻止したいので、まだ元気なI上氏、I瀬氏、N村嬢が先行し、5人分の寝床を確保することになった。

 右足を引きずる私と、直射日光に弱い長Tさん二人でマイペースで小屋を目指しました。

 超スローペースで歩いたため、到着直前に日没となってしまい、ヘッドランプを装着して山中を歩き、小屋に到着したのが、先行隊に遅れること1時間の6時半ころになってしまいました。

 

Img_0305 
宮浦岳から永田岳を望む。

 先行隊のおかげで、寝るスペースを確保してもらい野宿をしないですみました。

 翌日は、午前5時出発で、縄文杉からウイルソン株までの屋久杉の古木見物からトロッコ道そして荒川登山口で屋久島トレッキングは終了です♪

が・・・・・・・これもキツい行程でした・・・・・・・第3日目(屋久杉・トロッコ道編)に続く    (^O^)

 

Img_0320

縄文杉

Img_0332 
トロッコ道

 

バナーをポチッと宜しくね

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2013年10月16日 (水)

屋久島トレッキング1日目(白谷雲水峡編)

 自転車とは関係ありませんが一応山登りが好きで、10月11日~13日の予定で鹿児島県屋久島のトレッキングしてきました。


 元職場の同僚たち5名で、I氏運転の車で大村市内を出発したのが10日の午後11時半過ぎで、高速道路をひたすら走り、鹿児島港に到着したのが午前6時ころでした。

 7時45分発のトッピーに乗船し、屋久島の宮之浦港に着いたのが9時45分で約10時間の道中で、さすがに長崎から屋久島までは遠いと実感。

Img_0146

   港でレンタカーを借り、ナカガワスポーツで女性2名の登山グッズのレンタル手続きを済ませて、白谷雲水峡に到着したのが11時頃でした。


 景色が雄大で、勾配も自転車のヒルクラに最適でしたが、途中道路脇に、茶色い物体がもぞもぞ動いており、近づくと野生の猿が数匹!

 

 白谷雲水峡に着くまでに、何箇所で猿の集団を目撃したので、自転車でヒルクラしたら、背中に何頭乗られるか・・・・・・・・

 

 白谷雲水峡は、翌日の本格トレッキングの前哨戦であり、足ならしの予定だったので、『もののけ姫』で有名な、こだまが生息する森のモデルになった『こけむす森』までのトレッキングですが往復に約3時間でした。

Img_0165


 『屋久島は1ヶ月に35日雨が降る』と、揶揄されるほど雨が多いところですが、

 私の普段の行いが良かったのか、屋久島滞在3日間は快晴でした♪


 ここは渓谷になっており、登山道入口から360度見渡す限り、苔・コケ・こけ

で、緑一色なのです。

Img_0199

Img_0225

Img_0233

Img_0211

 

 下山し宮之浦に戻り、宮之ポートサイドユースホステルにチェックインし、近くの温泉『楠川温泉』で汗を流しました。

Img_0240

 夕食は、近くの焼肉屋店で翌日から本格的トレッキングの打ち合わせをしました。

Img_0247

 翌日は午前4時半起床で、5時出発の予定なので、早めに就寝しました。

 

 次回の記事は、淀川登山口~黒味岳~宮之浦岳~新高塚小屋(泊)までを掲載予定です。

 

Img_0254

Img_0302
 

 

 下のバナーに応援クリックお願いします。

 記事更新の励みになります。

 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2013年10月14日 (月)

交流サイクリング『ちゃりるれろ♪』のお誘いです。

 

 サイクルフレンド・タカタさんが、交流サイクリング『ちゃりるれろ♪』を下記のとおり企画しましたので、タカタさんのブログから抜粋し紹介させてもらいました。

以下タカタブログから

 みなさまこんにちは!
 秋です!!
 サイクリングが気持ちの良い季節となりました!!  そんな、こんな時期に、当店主催というか・・・県北&県南のサイクリストグループの方々と合同でサイクリングを企画しました!!
 内容は、女子も気軽に出来るサイクリングで、

 ・大村夢ファームシュシュのアイスなどのスイーツを休憩に楽しみ

 ・大村湾のキレイな景色を眺めながら、大村湾グリーンロードをポタリング

 ・河川公園で、滝を眺めながら、出島ワーフカフェレストラン『Attic』のケータリングでカフェ&軽食を楽しみながらサイクリスト同士交流する!

 というサイクリングで、体を動かしつつ、グルメ有り!風景の楽しみ有り!のすごく楽しいサイクリングイベントとなっております♪  

 出島ワーフカフェレストラン『Attic』のケータリング付きなんて、すごく贅沢なサイクリングですよね♪
 因みに、このサイクリングの所要時間は休憩・食事を含めて、朝9時~13時頃までで、距離は37.2km程の予定です!!   

 女性も参加しやすいイベントだと思いますよ♪
 さらに因みに・・・交流サイクリングなので、サイクリスト同士の交流を楽しむイベントです!

 なので、走れる方にとっては、物足りないペースになるはずですので、そんな方は、自走で大村公園に集合し、参加されるか、サイクリング後、ガッツリ走りに行って、物足りなさの解消をよろしくお願い致します♪    

 ケータリング付きなので、人数確認の為、事前参加申込が必須となりますので、是非参加申込よろしくお願い致します!!

Img_20131014175135

Img_20131014175456 

初心者大歓迎です。皆様の参加宜しくお願いします。


 

 一応ブログランキングに参加していますので、宜しければ下のバナーをポチッとクリック宜しくお願いします。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2013年10月 9日 (水)

明日(夜)、屋久島へ出発なのだ!♪

 明日の夜、屋久島へ向けて出発します♪

 屋久島における、自転車ツーリングではありません。

 大まかの日程は、登山&トレッキングで屋久島に2泊3日の予定で、11日早朝鹿児島港に到着し第一便のジェットホイルで屋久島宮之浦港ヘ向かいます。

  ・ 1日目  白谷雲水峡から太鼓岩

  ・ 2日目  淀川登山口~宮之浦岳~高塚小屋(泊)

  ・ 3日目  高塚小屋~縄文杉~夫婦杉・大王杉・ウイルソン株~トロッコ道 

          ~荒川登山口

 

 13日は午後4時初のジェットホイルで鹿児島港へ向かい、そこから高速道で長崎へ帰ります。

 私は20代前後に登山が好きで、涸沢カールに1週間ベースキャンプし、穂高連峰、槍ヶ岳の登山経験があります。

 30代から40代前半は、不健全な遊びにハマリ、これではいけないと健康に目覚め、当時あまり流行っていなかったロードバイクに乗り出して現在に至っています。

 年に何回かは久住や近場の山に登っていますが、屋久島は離島であり一泊二日では到底無理で、仕事の関係上実現できなかったのです。

 

 休みが自由に取れる職場(今月合計17日休み♪)に再就職し、屋久島登山のお誘いがあり、『この機会を逃したら一生実現できない!』と、OKを即答したのです。

 時代遅れのウェアや道具を新調すること準備に1ヶ月、旅費の数倍の出費です。

Img_01101

Img_01131

 装備は全部で13.5キロの重量で、65リットルザックにパンパン状態なので、今からもう少し整理しようと思っています。

 

 屋久島の山中を3日間歩き続けるので、帰ってからの疲労回復の日数が気になるところで、理由は20日に高千穂ヒルクライム大会が控えているからです。

 

 

 高千穂ヒルクラは観光目的が主体ですから関係ないか(^O^)

 と言うことで、当ブログは暫らく更新できませんが、14日夜には掲載する予定ですので、下のバナーを1日1回ポチッとクリックお願いしますね。

 遭難・転落・欠航・腹痛(食いすぎ)で掲載できない場合がありますが、どうにか生きて帰ってきます♪ 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2013年10月 7日 (月)

高千穂ヒルクラ大会の受付確認カードが届きました♪

 

 最近ブログを再開しましたが、記事はヒルクライム関連の記事が多い傾向にありますが、ヒルクラが好きで書いてる訳ではないのです。

 はっきり言って・・・・・・ヒルクラは嫌いなのだ!!!!

 メタボのジジィは坂道がキツイし、華奢な心臓の私には負担が大きすぎるのです。

 「それなら何故ヒルクラに出てるの?」

 理由は、アホだから高い所に登る習性が身についているから・・・・・・・

 と言うことで、10月19~20日開催のヒルクライムチャレンジシリーズ2013 第1回 高千穂 天岩戸大会(以下高千穂ヒルクラ大会と呼称)に参加します。

 今日、受付受理カードが届き、61歳以上のカテゴリーでNo115です。

Img_01081 

 第1回となっていますが、昨年8月に開催された、プレ大会に参加し2年連続の出場となります。

 昨年、決して近くない宮崎県高千穂町の大会に参加した理由は、コース案内の全体平均斜度4.2%、獲得標高666mに誤魔化されてしまったのです。

 確かに残り3キロ地点まで、急勾配がなく足に自信がある人はフロントアウターで十分です。

 しかし、ここからが地獄の始まり・始まり・・・・・10%以上(数箇所16%前後が数箇所)がゴールまで続いているんです。

 ゴールが峠のトンネル手前の広場で、ゴール直前、トンネル内で御先祖が手招きする姿が見えます(嘘)ので、ゴール後トンネル内に入ってはいけません。

 私は心臓が止まらないように完走するのみで、主の目的は観光なのだ!

 よって、大会前日は午前8時に出発し、阿蘇経由で高千穂入りします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

よかったら、上のバナーをポチッと1回クリックしてね(^-^)

2013年10月 6日 (日)

五家原岳ヒルクラ大会  無事終了(^O^)

 台風の影響による雨が心配したが、蓋を開けてみたら快晴で、若干風があるものの絶好の自転車日和でした。

 参加者は約60名で、長崎県の片田舎のしがないショップ(失礼)のイベントに、想定外の多数の参加者に驚きでした。

 

Img_00781
この山の山頂へ駆け上がるのです

 Img_00811
開会式のスナップ

Img_00821
 

Dsc_7041 

 

Dsc_8079 

ロング・ショート別に、3人ずつ1っ分間隔でスタートします。

 

以下は山岳地帯の激坂を通過中の一部選手のスナップ

Dsc_8293

Dsc_8469

Dsc_8509

Dsc_8620

Dsc_8654

Dsc_8678

Dsc_8766

Dsc_9259

Dsc_9152

Dsc_9393

Dsc_9452

Dsc_9474 

大会スナップについてはこちらをクリックしてください・

 

Img_00891
 

大会終了後の昼食会・ビンゴ大会・表彰式と続きます(^-^)

 

Img_00911
私はビンゴでこれをGET!


Img_00941
表彰式(向かって左が2位、真中優勝・右3位)


Img_01041
優勝者には特別に、店長デザイン・作製のチャンピオンジャージが贈呈されました♪

Img_01051 
 

 

  今大会は天気に恵まれ、事故もなく和気あいあいと、楽しく苦しいヒルクラ大会でした。

 

 参加された皆様お疲れ様でした。

 今大会を支えてくれたスタッフの皆様ありがとうございました。

良かったら下のバナーをポチッとクリック宜しくお願いします。

 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2013年10月 5日 (土)

明日の五家原岳ヒルクラ大会は予定通り決行!

 

 明日開催の五家原岳ヒルクライム大会『KING of GOKAHARA2013』は心配された天気も、晴れ(気温最高31℃、降水確率20%)の予報で、予定通り開催される見込みとなったそうです。

 本日午前中から雨の中を、ロングの後半コースを清掃された、スタッフの皆様ご苦労様です。

 スタッフの努力と、参加者予定者の祈りが、お天道様に届いたのだと思います。

 気なる参加者の総数は63名(ロング52名、ショート11名)で、予想以上の人数だそうです♪

 事故がなく、楽しいイベントになるように、スタッフそして参加者様、どうぞよろしくお願い致します。

 なお、五家原岳は標高1000mで気温が平地に比べると、気温がかなり低く寒さも予想され、
山頂で最終走者がゴールするまで待機する関係上、各自防寒上着の準備をしたほうが良いでしょう。

 防寒着は、スタッフが取りまとめて、山頂まで車で運ぶそうです。

 

 当イベントの詳細については、サイクルフレンド・タカタのイベントページを参照してください。

Img_20130910225741

 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2013年10月 4日 (金)

久しぶりの夜鍊でヘロヘロ

 五家原岳ヒルクラを三日後に控え、坂道の練習でもしようと、久しぶりにショップの夜鍊に参加しました。

 

 今日は、10代から60代まで女性3名を含む8名の参加者。

 午後8時頃に出発して三浦半島を時計回りの1周回コースで、大村側からの仏舎利塔峠経由ですが、諌早市方面からの坂より距離が短く、勾配もキツいのですが、誰が言いだしたのか、このコースになったのです。

 

 アップする暇もなく、仏舎利塔峠の坂を登ったのですが、息が乱れるし、炒めている右膝が悲鳴をあげる。

 

 直ぐにチャリンコ店長に追い越されてしまいました。

 

 山越えをした後に、海岸沿いの道路に入り、途中『なみのうお』横のベンチで休憩し、大村方向へアップダウンの道路を走りました。

 

 『なみのうお』からは、調子が戻りペダルを回すことができたし、心拍も上げて走ることができました。

 

 アップの必要性を実感した夜鍊でした(^-^)

 

Img_00711
疲労困憊のわたくし↑

Img_00721
この方は午前~午後バイク、夕方 スイムそして夜鍊でヘロヘロ↑

 Img_00731
この方はポーズしてるだけ!  ↑

Img_00751 
 ザ☆かぼパンず』のお嬢さん達で今日は3名が走りました。

よかったら下のバナーをポチッとよろしくね(^-^)

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2013年10月 1日 (火)

台風23号が接近!五家原岳ヒルクラ大会開催がヤバイ!

 台風23号がフィリピンの東で発生し、九州に接近しつつあります。

 6日(日)に五家原岳ヒルクラ大会が開催の予定ですが、このまま接近すると週末が最接近となるし、通過後も山道の整備等の問題で参加者の安全確保が難しくなります。

 

 

Japan_wide_20131001180000large

  高気圧の勢力次第ですが、大きく東に逸れて日本本土が最小限の影響で終わることを祈るのみ。

  何しろ、五家原岳ヒルクラ大会は荒天延期の回数が半端ではなく

 「お天道さまから嫌われているのかな?」

と、勘ぐりたくなってしまいます。

  エントリーされている皆様は、23号の進路や開催の有無が気になっておられるでしょう。

  開催の有無については、主催のサイクルフレンド・タカタのHPで報告されると思いますが、当ブログでもUPいたします。

  10月7日~9日 長崎のお祭り 『長崎くんち』があります。

 近郊の皆様、長崎まで『くんち見物』にお越し下さいませ・・・・・私は10日からの屋久島登山準備で、くんち見物する暇がございません(^-^)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村