フォトアルバム

新規入会者募集中!

  • 入会希望の方は、メールお願いします
    氏名・年齢・住居地・携帯アド・携帯番号を記入して、メールお願いします。

サイクリストが集うショップです

ランキングに参加しています、ポチッと応援クリックの協力お願いします。

イベント・練習活動計画:代表的な企画です。

  • ● 定例練習会は毎月、第1・第3土曜日実施します。
    午前8時、大村運動公園集合です。

最近のトラックバック

メールアドレス

« フリーサイクル主催!長与~西海橋と大村湾一周サイクリング | メイン | 大村湾一周サイクリング »

2011年7月 1日 (金)

クリンチャー派?チューブラ派?それともチューブレス派?

 私がロードレーサーに乗始めた当時、ロードバイク用タイヤは、クリンチャータイヤしかないと思っていた。

 今では、クリンチャー、チューブラ、チューブレスの3種類が存在しており、私は、クリンチャー派である。

 一時、チューブレスタイヤを使っていたが、パンクで往生した苦い経験があったので、その後一貫してクリンチャーである。

 仲間には、チューブラやチューブレスタイヤを使っている人がいるが、それぞれ好みや、走行性能等を考えての事だと思う。

 それぞれのタイヤについて書いてみました。(最近、腹の調子が悪くて走っていないので、メカニックの素人話ばかりですみません。)

         

クリンチャータイヤ 

 タイヤもチューブも軽量化され、耐パンク性に優れており、ツーリングやライドでパンクしてもその場でチューブ交換できる

Pro3race

 チューブラタイヤ

  タイヤをチューブ状に縫って、中に軽量なチューブが内蔵されており、250

 g前後と軽量でグリップ力もクリンチャーより優れているが、パンク修理はクリ

 ンチャーより厄介である。

  タイヤをリムから剥がして、リムにリムセメント(接着剤)かリムテープ(両

 面粘着)をリムに貼り付けて使う。

  パンクしにくい構造になってはいるが、パンクした場合は慣れていないと時間

 と労力を無駄に費やしてしまう恐れがある。

  Cntnl_028971

 チューブレスタイヤ

   見た目はクリンチャーと同じだが、チューブレス専用またはクリンチャー兼用リムと組み合わせで使う。

   自動車のチューブレスタイヤと同じで、チューブを用いないので、パワーロスが少なく転がり抵抗が少ないが、これも取り扱いが難しい。

   パンク修理は、予備のチューブを入れて復帰させるのが一般的。

   Rbcc1

   私は、タイヤの性能云々よりも、修理が簡単なのがいいのである。

  私とロングを走ると、私は滅多にパンクしないが、誰かが必ずパンクをするので、「パンク男」と呼ばれている。

   100キロ以上のロングの場合は、自分やメンバーの分を考えて、チューブ2本は持参している。

  

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/492688/26712470

クリンチャー派?チューブラ派?それともチューブレス派?を参照しているブログ:

コメント

やはりクリンチャーが1番扱いやすいですよね(´∀` )

自分もロードバイクの時は常に予備チューブと修理パッチ数枚を持つようにしてます

コメントを投稿