フォトアルバム

新規入会者募集中!

  • 入会希望の方は、メールお願いします
    氏名・年齢・住居地・携帯アド・携帯番号を記入して、メールお願いします。

サイクリストが集うショップです

ランキングに参加しています、ポチッと応援クリックの協力お願いします。

イベント・練習活動計画:代表的な企画です。

  • ● 定例練習会は毎月、第1・第3土曜日実施します。
    午前8時、大村運動公園集合です。

最近のトラックバック

メールアドレス

« 2011年6月 | メイン | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

苦渋の決別 by kattak@

妻に「あんた私が先に死んだら、すぐ再婚するやろ?」と聞かれた時は

「いや、すぐにお前の後を追うよマジでっ!!」と即答する私kattak@です。

しかしながら、愛する自転車に先立たれた時にはそうもいきません。

愛機リドレーダモクレスISP故あって退役、後妻もとい後継機を探さねばなりません。

幸い手元にカタログが数冊あるので、とりあえず気になったものをピックアップ。

BOMA CT-RR           207900円 ガンダムチックなカラーが素敵

BOMA  RS-I                231000円 軽量で素敵

KOGA KIMERA ROAD 3K   249000円  カラーリングが素敵(なに!?シマノカラー!)

RIDLEY NOAH RS        249900円 ダモクレスのチョイ上みたいで素敵

う~む、辛い!辛いが決めねばならん!!

2011年7月30日 (土)

BOMAフレーム

 昨日、ショップに立ち寄ったところ、BOMAフレームが入荷されていた。

 BOMAのALLUMEAのオーナーである私は、進化したボーマに見とれてしまった。

20110729_124117_2 20110729_124218

 モデル名RS-1でフレーム形状 700Cスローピング・デュアルモールディングモノコックで素材は、東レT-700ハイモジュラーカーボン1K仕上げ。

 重量は、フレームとフォーク1.25kgと軽量

 高剛性と足回りはそのまま、振動吸収性能、しなやかさをプラスした究極のフレーム・・・・・・・と、カタログから。

たしかに、進化している! 創業5年のBOMAは凄い!

今年、買えば良かったのに・・・・と悔やんでも毎年進化するBOMAは、キリが無いので、アルマーを大事にしよう。

 他にも

20110729_124425 20110729_124632

CT-21C EVOLUTION               CT-RE REFALE

 BOMAのカーボンフレームは、他のメジャーメーカの製品では上級クラスに位置していると思う。

 私が、所有しているから、勧めているのではなく、高価なイタ車、アメ車等に乗るのも個人の自由であるが、日本にも素晴らしいメーカーがある事を再認識した。

 カーボンホイールとカーボンハンドルもありましたよ。

 20110729_125024 20110729_124743

ちなみに私のバイクは、ハンドルステムとサドル以外はBOMA製です。

20110705_185228

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2011年7月28日 (木)

ひまわり畑

 はっきりしない空模様だったし、kattak@のトラブルを聞いた直後でもあり、ロードするのを躊躇っていた。

 せっかくの休日だし、中央干拓地なら車もいないし、雨が降ってきても直ぐに駐車場に非難できるのでバイクを車載して、午後4時に中央干拓地へ向かった。

 曇っていたが、雨は降りそうになく4周回の40キロ走ることにした。

 ここを最近走ったのが、7月9日で約3週間ぶりで、その時中央干拓地を見学に来ていた人から、

 「ひまわり畑があると聞いてきたのですが、わかりますか?」

と、聞かれ

 「去年はありましたけど、今年はないですね。」

と答えてしまいました。

 何故なら、今年は去年栽培していたひまわりが畑に無かったし、当日はまだ時期的に花が咲いていませんでした。

 3週間ぶりに、中央干拓地を走ってビックリ!!!

 去年と違う広大な畑にひまわりがいっぱい!!!

 3週間前に走った、いつもの周回ロードコース沿いの畑に満開のひまわり!!

 たしかに3週間前には咲いていなかった。

 ひまわりが咲いていない畑を見ても、都会育ち?の私には、ひまわり畑と気付かないのです。

 20110727_165642

  今年のひまわり畑が圧巻だったのでパチリ!

20110727_165436 Nec_0078_2

   今年のひまわり畑                       去年のひまわり畑

 さっそく、バイクを降りて写真撮影中していたら、老夫婦が2組が見物に来ており、畑の筋向いの農作業場にいた人に

 「ひまわりを何本か頂いてよろしいですか?」

 「良いですよ。」

 去年の長崎新聞に中央干拓地のひまわり畑の記事が載っていたのを思い出したが「常識の範囲内なら持ち帰りOK」と書いてあったのを思い出した。

 皆さん!白木峰のコスモス畑より広大な畑のひまわりは圧巻ですよ!

 しかし・・・・・・・・・観賞用ではないので・・・・・・・1週間以内には刈り取られると思います。

 去年、満開のひまわりが刈り取られるのを目撃しましたが、寂しい気持ちが湧きました。

 観賞用でもなく、種を採るではなく、レンゲソウと同じ肥料用に栽培しているみたいですよ。

2011年7月27日 (水)

天罰 by kattak@

本日は夏休み中の娘をプールに連れて行く予定でした・・・

・・・が、天候不良の為に取り止め、ヘッドの様子見とサドルのインプレを兼ねて走りに出かけました。

25km程進んだころ前方の信号が赤に・・・停車中の車の脇を惰性でスルーっと・・・

と、その瞬間右横の車の助手席側ドアが!

普通は(事故に普通があれば)開いたドアに突っ込む所でしょうが

避けるとかいう段階でなく、開いたドアがブレーキブラケットを握った右手の前に!

右手の人差し指と中指が、ブレーキレバーと車のドアの縁に挟まれで停止、左膝はしこたまハンドルにぶつけて悶絶。

念のため救急車で病院へ、診察の結果、骨折等の大事には至らなかったもののさすがに自走はムリ。

嫁にお迎えに来てもらったところ

嫁「(娘)をプールに連れて行っとけば事故に遭わんやったろうに(笑)」

娘「そしたら、プールで溺れとったさ(笑)」

との辛辣なおちょくりに返す言葉もなく、出血した手で触ってしまった為、卸したその日に血で汚れたアリオネVSの弐号機を車に積み込みながら頭に浮かんだ言葉。

天網恢恢疎にして漏らさず

フィジーク・アリオネVS by kattak@

昨日購入したばかりのサドル、辛抱たまらず取り付けました。

実は私、ここ数年はずっとアリオネを使っており、初号機、弐号機共に取り付けています。

ですので一番古い初号機サドルには退役してもらい、新品→弐号機、弐号機用→初号機に交換したいと思います。

Dsc00877 Dsc00878

左が初号機用                 右が弐号機用

Dsc00879 Dsc00872

アリオネ・VS(バーサス)           3つ並べたところ

いったいノーマルアリオネとアリオネ・バーサス(以下VS)がどう違うのかというと、

VSはサドル中央に窪みがあり、尿道を圧迫しないようになっているようです。

以前触った他人の穴あき(窪みではなく)サドルは穴の縁が座面に比べて若干硬く、

逆に違和感を感じてしまったのですが、VSは手で触ってもそれが無かったので試してみる気になりました。

早速交換、基本同じサドルなので交換も簡単です。

Dsc00888 Dsc00869

交換前                         VSに交換後

Dsc00889 Dsc00870

交換前                     弐号機のアリオネに交換後

フィジークといえばサドル後方のロゴの部分が取り外せて、ライトやサドルバッグを取り付ける事が出来ますが

初期の物は取り外す事が出来ません。

Dsc00874 Dsc00873

ほら、ハメころしてあるでしょう?後ろから見てもこんなに違います。

Dsc00875 Dsc00876

実は今回はヘッドの調子とサドルのインプレを兼ねて走っていたのですが、諸事情により自走できなくなった為、また次回とさせていただきます。

諸事情については早ければ今夜にでも・・・皆さんも

気をつけなはれや!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2011年7月26日 (火)

タカタのお休み

サイクルフレンド・タカタ

27日(水)28日(木)講習会出席の為お休みです。

間違って行かんごとねw

餅は餅屋に・・・ by kattak@

私、自分で言うのもなんですが、結構自転車弄れます(ホイール組みは出来ませんが)

最近お世話になっているサイクルフレンド・タカタさんにも、

修理調整等で自転車を持って行ったことはありませんでした。

私の現在の弐号機のダモクレス、購入3ヶ月後位からガタが出始め、

プレッシャーアンカープラグも2回交換しましたが、改善せず頻繁に締めなおしダマシダマシ乗っていました。

ところが先日、知り合いのブログを見ていると彼も同じような症状で悩んでいるそうな・・・

彼も「自分で出来るもん派」なのでどうするかと見守っていると

(正確には自分ではどうも出来なかったので解決したのなら教えてもらおうと)

すると彼はタカタへ・・・

コメントを入れると彼にとってもヘッドパーツはアーンタッチャボウだそうだ。

彼=YASUさんから

「いつまでも意地を張らんで、もうタカタに持って行ったらどう?所詮素人、出来る事と出来ん事のあるとばい」

と言われた(ような気がした)ので早速タカタに持って行きました。

「もう何回も組み直してみたとにガタは取れんかった。ヘッドキャップ、ベアリング、いやヘッドセット自体の圧入からやり直しせんばかもしれん」と覚悟していました。

数日後、店長さんから修理終了のメールが届き、料金を確認すると

1000円との事、イチ、ジュウ、ヒャク、セン・・・

いちまん円じゃないのかと再確認したものの、間違いのわけもなく

結局、部品の交換をする事もなくただキチンと組み直しただけ。

私、kattak@ちょっと自転車を弄れるくらいで調子ブっこいてました・・・orz

改めて、プロの仕事のスゴさを思い知らされました。

Dsc00865

画像は本日購入したサドル、フィジーク・アリオネ・バーサスです。

修理代で1万は掛かると思っていたので、その得した分で買いました。

だって店長が「スゴイ人気らしくて、問屋にも在庫が無かったりするらしいですよheartなんて言うんだもん。

改めて、プロのセールストークのスゴさを思い知らされましたw

本日はお店に長居し、自転車に取り付ける事が出来なかったので、インプレは後日。

2011サイクルマラソン阿蘇望レポート その2

 阿蘇望レポートその1で、二日間の出来事を書きましたが、今回は参加にまつわるエピソードを紹介します。

 雨や口蹄疫で3年ぶりで、天候に恵まれた本格的な大会で、私が経験したことが無い南阿蘇からの中岳ヒルクラ、いこいの村から箱石峠のヒルクラのBコース。

 キャンプ仲間は殆んどが初参加のAコースで、Aコースでリタイヤの連続の私は、連中に脅しまくったが、あっけなくみんな完走してしまった。

 私が、「無理!無理!」を連発したのに発奮したのでしょう。I田さん脅してゴメンネ。

 私は、Bコースで完走の自信があったので、前日のキャンプとバーベキューが本番と同等の楽しみで、ゴールドマンさんが本格的なキャンプ&アウトドア用品を準備していたので

 何不自由なく、設営することが出来たのですが、肝心のアルコール類がアスペクタで販売していないので、「あそぼうの里」でスーパードライと地酒の焼酎を買出し。

 氷は、E崎君が会社から大量に持参していたので、食料保存や水割り、ボトル用にと重宝でした。

 E崎君ありがとう。その氷が、私にとっては、助かりましたが後半で紹介します。

 午後6時から、乾杯! 先着の大村組3名は近場の温泉に行き、7時過ぎに帰ってきたが、

 「まだ明るいし、我々も設営後に温泉に行けばよかったのに!」

と、気付くも飲酒後で時すでに遅し!

 ま~いいか!と言う事で、バーベキューとビールで談笑し、日没と同時に涼しくなり、前夜祭のカントリーの生演奏を聞きながらの、バーベキューは最高でした。

20110723_180047 20110723_185640

20110723_185708 20110723_190148

キャンプ場から前夜祭会場が見えます。         ハワイアンダンスの先生でしょうか?綺麗な人でした

 暗くなり、ランタン数個をテーブルに置き、バーベキューを継続するも、肉類を買いすぎたのか、満腹になりペースダウン。

20110723_201042 20110723_201051

 ランタンはLED式とガストーチ式の二種類で、当然ガス式は燃焼式で発行部は焼けるように熱いのです。

 酔っ払っていませんでしたが、ランタンを移動するために、左手でランタンを掴んでしまった。

 私は、LED式と思っていたのか、掴んだとたんにジューッ!

 アチーッ!!!!皮を焦がす嫌な匂い! 人差し指と中指、小指を火傷してしまった!

 食材保存用クーラー内の氷の中へ手を突っ込んで、応急手当したおかげで翌日のハンドルグリップに影響は無かったので氷の有難さを実感しました。

 何十年ぶりのキャンプ体験ですが、阿蘇の大自然と涼しい風の中で、俗世界を忘れて過ごすのは、至福のひと時でしたが、1泊以上はチョット無理かな?

 我々の周りのテントは静かで、明日に備えて早寝しているのかな?と思い気を使って大声を出さないようにしていましたが、そんな気遣い無駄で、我々が寝た午後10時過ぎに

寝たと思っていた連中がテントに戻り、騒がしくなったのです。

 キャンプファイヤーの明かりが見えていたので、そこでにみんな行っていたのでしょうが、反対に騒がないでくれと寝袋で、訴える私でしたが、小一時間で静かになりました。

 ゴールドマンさんとI田さんはイビキをかかないので助かりましたが、I田さんは何回かトイレのため出入りしていましたが、ちゃんとトイレでしていたのかな?・・・ゴメン!

 翌朝は、5~6時に全員起床し朝食の用意をして、嫁からも作ってもらえないような豪華な朝食でゴールドマンさん栽培の米を2杯食べることができたので、ハンガーノックの心配も解消!

Nec_0065 Nec_0067

 開会式に参加する予定でなかったので、朝食後はのんびりと準備していたが、周りのテントの連中は、そそくさとたたみ、車も正規の駐車場に移動していた。

 大会が終わるまでテントと車を、キャンプ施設に置いたままにしようと思っていたのですが、アスペクタ関係者が来られて、撤去するように言われ慌てて撤収作業をしました。

 スムーズに片付いたので、開会式会場に合流したところ、知り合いたり、熊本GGZの皆さんとも2ヶ月ぶりの再開ができました。

20110724_082956 Himg0003

 Aコース(4峰)600名、Bコース(2峰)300名で九州のイベントでは最高であり、最高に過酷な大会です。

 いつも、「金を出して死ぬ思いをしなければならないんだ~!」

と、思う自分が毎年いますが、それほど阿蘇はみんなを引き付ける魅力があるんです

Nec_0069 Nec_0074

 50名の3分間隔で私は、3組めのスタートで、中岳登山口までは楽でしたが、そこから地獄の始まりで、気温はすでに30℃オーバーで、まだ勾配も緩やかであったので快調に走り、先スタートした長崎市内のI本さんを追い越す際に励ます。

 心拍も160近くまで上昇しだしたころ、後ろにピタリと続くバイクが1台いたので、

 「ペースメーカーと風除けになるものか!」

と、ペースダウンしたところ、そのバイクの中年?さんが、何か私に話しかけていましたが、心拍がMAX状態なので聞き取れませんでした。

 今日、阿蘇望を検索して、他の人達が書いたブログを見ていたところ、その人のブログを発見!

 その人も長崎県の人で、ジャージの背中のぽぽ丸(犬です)が犬?白熊?・・・か分からなかったそうです。

 そして、ゴールドマンさんのゲゲゲの鬼太郎ジャージの事も書いていました。

 中岳と箱石峠のヒルクライムは、高傾斜の登坂が多いのだろうと思っていましたが、

 実際走ってみると、私的には足が攣る事も無く、暑さにやられることも無く登ることが出来ました。

 最初から、みんなについて行こうと、張り切って走らないでマイペースで走るのが大事であり、十分な水分補給をとったのが良かったと思います。

 エイドステーションで、バナナに塩を付けて食べましたが、美味しくは無かった!

 でも、脱水症予防のために3本食べたし、氷水を後頭部ぶっ掛けてもらい、生き返りました。

 熊本GGZのナベちゃんやナガタさん達が、ボランティアで交通誘導をされており、ご苦労様でした。

 退職後は、私も1度はボランティアで参加させてください、その際は熊本に2泊3日しますよ。

 今回の阿蘇望は、ダブルの楽しみがあり、楽しい2日間を過ごせました。

 来年もBコースを走りますが、Aコースが走っている間、温泉にゆっくり浸かりたいと思いますので、Aコースにエントリーする人達は、温泉の時間的余裕がありませんよ。

        

 

 

 


YouTube: 2011サイクルマラソン阿蘇望開会式直後です。

2011年7月25日 (月)

2011サイクルマラソン阿蘇望レポート その1

 7月24日(日曜)に熊本県阿蘇で開催された、サイクルマラソン阿蘇望に参加しましたが楽しく(前日)もあり、過酷(当日)な大会でした。

 この記事は、帰宅直後に書いているために、時系列風になっていますので、エピソードについては、第二段で報告します。

 我々は、23日雲仙市吾妻支所に集合(5名)し、13時30分発の熊本行きフェリーに乗船するために島原港に向かいました。

  Nec_0036 Nec_0037_3

乗船前に食べた、とら屋のちゃんぽん       3耐出場のトミ夫妻とバッタリ(4列目)

熊本港から阿蘇のアスペクタへ向かう途中に、ふるさと市場に立ち寄り、食材を調達したが、野菜類はゴールドマンさんが家から持ってきていたので、肉類だけで済んだし、なにしろ安かった。

Nec_0038 Nec_0041

 会場のアスペクタに到着したのは、17時頃で出場の受付を済ませ、開会式会場の横にある特設キャンプ場でテントの準備をした。

Nec_0062 Nec_0060

 設営も終了し、先に到着していた大村組の3名と合流し、総勢8名のキャンプとなったが、

 彼らから場所を譲ってもらい、平坦な場所に設置できた。

 18時頃から、バーベキューが始まり、隣の特設会場では前夜祭のバンド演奏やハワイアンダンスショーも始まった。

20110723_180036 20110723_180127

20110723_201051 20110723_190138

 今回は、バーベキューがメインではないので、翌日の本番へむけて22時には就寝して、翌日の6時に起床して、朝食の準備に取り掛かる。

Nec_0066 Nec_0067

 8時から開会式が始まったが、テントの撤収などで手間取り(エピソードは後日)り、途中から参加した。

 会場には、ばってん長崎の長崎市内組や熊本GGZの皆さんがいたし、参加者の殆んどが会場にいたので、緑の絨毯の中に色鮮やかなサイクルジャージで花畑の様相であった。

Himg0003 20110724_085145

20110724_083001_2

ぽぽ丸6匹とゲゲゲの鬼太郎一人その他2名の長崎組です。

9時にA組が50名づつの3分間隔でスタートなので、B組は約40分後のスタートで、私とゴールドマンさんは木陰で待機。

Nec_0069 Nec_0071

9時48分、やっと私の組のスタートで、いきなりの中岳ヒルクライム!

 暑い、きつい喉が渇くし、追い抜かれるや何とか中岳に登り、草千里で撮影のために止まり、観光客にお願いして撮影してもらい、一気にダウンヒル!いこいの村近くの牧場のエイドステーションで水の補給と、バナナ菓子類を補給した。

Nec_0076 Nec_0077

 エイド後は箱石峠までのヒルクライムで、中岳ヒルクラと変わらないきつさであるが、2峰とも景色が綺麗であったが、辛さは癒されなかったのが現実であった。

 その後は、撮影の余裕がなくて写真がないが、午後2時にはゴールした。

 キャンプした連中の内、Aコースに参加した全員は、無事ゴールしたがAコースを完走した経験が無いからしたら、尊敬に値する素晴らしい選手です。

 エピソードについては、後日報告します。

2011年7月22日 (金)

阿蘇望の準備完了!

 7月24日、熊本県阿蘇で開催される、サイクルマラソン阿蘇望の準備が完了しました。

 長崎を早朝から出発して、阿蘇まで行くのはきついので、スタート・ゴール地点の施設にある、キャンプ場に前泊することなりました。

 前日の午後0時に、吾妻町に集合・出発してフェリー経由で阿蘇に行きますが、我々は総勢4名プラス1名です。

 私は今日が夜勤なので、仕事終了と同時に帰宅して、荷物とバイクを車に積み集合場所に走り、ゴールドマンさんの車に積み替えてなければなりません。

 だから、今頃準備しなければ間に合わないのです。

 今まで阿蘇望は無理して、早朝に出発するか前日に、ホテルに泊まったりしていましたが、今回は初めてのキャンプだし、前夜祭もバンド演奏などがあるので楽しみにしています。

 20110721_235434

 キャンプ用にシートとランタンを用意していますが、グローブ、サングラス、ジャージ、メット、シューズは必需品で、着替え、温泉セットも大事です。

 軽の箱バンに3人乗り、バイク3台と各人の荷物で荷台は満杯状態になると思います。

 バイクについてはBコースで、2峰のヒルクライムなのでBOMAに決定!

20110721_233401

 コースにトンネルがあるため、主催者がライト装着が義務着けられているために、サイコン横にライトとシートピラーにヘルメット用のライトをセットしました。

 20110721_233319 20110721_233226

     ハンドルにライトをセット            シートピラーのメット用ライトをセット

シューズとメットは絶対に忘れないようにしましょう!

ハンガーノック対策のカロリーメイト類の携帯も必須です。