フォトアルバム

新規入会者募集中!

  • 入会希望の方は、メールお願いします
    氏名・年齢・住居地・携帯アド・携帯番号を記入して、メールお願いします。

サイクリストが集うショップです

ランキングに参加しています、ポチッと応援クリックの協力お願いします。

イベント・練習活動計画:代表的な企画です。

  • ● 定例練習会は毎月、第1・第3土曜日実施します。
    午前8時、大村運動公園集合です。

最近のトラックバック

メールアドレス

« 2011年2月 | メイン | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

自転車通勤で思うこと。

 ガソリン代高騰と休日の練習不足を補うために、現在自転車通勤をしています。

 片道18.7キロと距離的には短いけれど、アップダウンもあり走らないよりはましで、極力心拍を上げて走るようにしています。

 朝晩がまだ冷え込んでいるため、寒がりの私は愚図愚図して家を出るのがギリギリになってしまい、結果的には心拍を上げる走りになってしまっています。

 今のところ、かるい汗ですみますが、だんだん暖かくなって、夏には大量のあせで、シャワーが必要になるので、今の時間より30分は早く出ないといけないかな。

 今朝出勤途中に

  「自転車通勤で良かった!」

 と、つくづく思った出来事がありましたので紹介します。

 今日は、昨晩の雨ののち、今朝の気温上昇のためか諫早から大村市内にかけて濃霧の状態でした。

 まだ路面がぬれていましたが、路面から湯気が立ち上っているのが確認できて、視界も悪かったのですが、自転車走行に支障はありませんでした。

 しかし、マイカーや商用車の連中は、のろのろ運転で大村の市街地付近では大渋滞!

 私は、横をすりに抜け(安全にですよ)いつもと変わらない時間に職場に到着しましたが、諫早居住の同僚がまだ来ていない。

 今日は、病欠かな?と思っていると、ギリギリで駆け込んできた!

  「今日は、いつもより早く家を出たのに・・・・・早く着きすぎるな・・・なんて思っていると  大渋滞・・・・事故も無かったし霧のせいだ!」

 と、一人でぶつぶつ言っていました。

 自転車は、予期せぬアクシデントに影響されない事を実感しました。

 自転車は渋滞に左右されない、ガソリン代はいらない、メタボ対策になる!

 しかし、左折車の巻き込み、渋滞車両の陰からの右折車、路外からの進入車には十分注意が必要だし、通勤に限らずツーリングや練習時にも同じような注意が必要です。

 しかし雨天時には、

 ・スリップ転倒

 ・ブレーキの利きが悪くなる

 ・視界が悪くなる

 ・ブレーキシューやリムを損傷し、バイク自体のケミカルが必要になる

の4つの理由でバイクに乗らないようにしています。

 自転車通勤のローディーの皆様方! 排気ガスに耐え、エコ推進のために自転車通勤を続けましょう!!scissors

Nec_0070_2

通勤に使用しているバイクです。

2011年3月29日 (火)

ちょっと一息、練習コースで春を見た!

今日の午前中晴れていましたが、午後から怪しい雲いき・・・・降水確率40パーセント。

琴の尾岳一周の50キロを走る間は降らないだろうと決め込み、午後0時に自宅を出発し

JR長崎本線の大草線沿いを走り、琴の尾岳周回の出発地点の伊木力駅を目指して走っていると、桜並木にピンク色がチラホラ・・・・・・そして下には綺麗な黄色の花が・・・・・

Nec_0239 Nec_0238

Nec_0241 Nec_0237

喜々津駅から伊木力駅までは、桜の古木の並木が有名で、今は3部咲きと言ったところですが、満開時は線路の向こうに見える大村湾とマッチして、疲れも吹っ飛ぶほどです。

ただ注意することは、散った花びらでスリップ落車とわき見運転ですよ。

Nec_0240 Nec_0242

午後3時ころに無事自宅に到着直後に雷雨が振り出して危機一髪でした。

気温も12度と、平年より低いですが、確実に春が目の前まで来ています。

そして、琴の尾のトンネルまでの上り坂のアベレージが2キロアップだったのは、セラミックベアリング効果だったのかな?

エルゴパワーオーバーホール③ by kattak@

第3回ブレーキレバー取り付けからです。

今までの作業の中ではかなり簡単なものです。

Dsc00485

レバーの中に、この割が入ったブッシュを入れ、ピンを打ち込むだけです。

抜くよりも簡単です。

Dsc00484 Dsc00483

はい完成~!!

Dsc00480

作業をする際は、これカンパニョーロのHPよりプリントアウトした、スペアパーツカタログを見ながら行いました。

かなりアバウトな物ですが、パーツの数、順序等だいたいの感じはつかめます。

Dsc00479

とりあえず形的にはもとどおりになったので、チェックします。

シフトアーップ!!・・・・・・グニュニュ~・・・・・・

シフトダーウン!!・・・・・グニュニュ~・・・・・・

あのカチカチッとか、バチバチッとかいうシフトチェンジの爽快感が全くありません。

これなら、変速時にちょっと引っ掛かりのある以前の方がまだマシです。

どこで間違えたのかさっぱり分からないので、とりあえず組み直し。

正直2日間掛けて、2回組みなおしました。

最初の原因はこれ

Dsc00504

エルゴパワーのクリックはベアリング付きのパーツが、受けの穴がいくつもあるパーツ上を回転して、次の穴にベアリングが収まる時のものです(たぶん)

ここに付いているベアリング、私はてっきり埋め込まれているものだと思い、何も考えずに洗浄液の入ったビンに入れてシェイク!シェイク!

これが外れてビンの中に残ったままでパーツをはめた為、クリック感のない物になってしましました。

2回のチャレンジ・・・・・・・orz

・・・再度分解

Dsc00506

このパーツの8時方向にある突起、私はコレをレバー側(外側の溝から見える部分)にセットするものだと思っていましたが

そうすると先程のベアリングの付いたパーツと供回りし、カチカチするわけがありません。

ブラケット本体に切り欠きがあり、そこにはめ込むと・・・・・・

見事に変速!!マジ泣きそうでした。

以前にあった不具合も解消し、気を良くした私はおもむろに右レバーに手を伸ばしたのでした。

以下エルゴパワーオーバーホール④に続く。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2011年3月28日 (月)

エルゴパワーオーバーホール② by kattak@

エルゴパワーオーバーホール第2回です。

すいません、巻き取りレバー取り付けの写真とってませんでした

まあ、取り外しの逆順ということで(ってそれじゃ全部終わってしまいますね)

前回外したこれらのパーツを組み付けていきます。

Dsc00411 Dsc00513

まずはスプリング、ブラケット本体に固定用の穴が開いていますので、ラジオペンチで入れ込みます。結構、手先の器用さが要求されます。

このスプリングは後で解除レバーに引っ掛ける必要がありますので、一端を本体に掛けておきます。

その後なんともいえないパーツを入れます。これ、写真では分かりづらいですが、真平ではなく、コンタクトレンズみたいにカーブが付いてますが、どういう働きをするのかは分かりません。

Dsc00512 Dsc00510

こんな感じになります、次はワッシャ見たことのあるパーツだとホッとします。

Dsc00508 Dsc00507

ここから核心のパーツです。よ~く見てください、丸い窪みがあるでしょう。これに・・・

Dsc00506 Dsc00505

このパーツ、時計でいえば12時と6時の場所に小さいベアリングがあるのが分かりますか?

この突起が先程のパーツの窪みにはまり、カチッカチッとクリックするんだと思います。

Dsc00504 Dsc00503

合~体!!

Dsc00502

解除レバー取り付け、先程ブラケット本体に掛けておいたスプリングを解除レバーの突起に引っ掛けます。

Dsc00500 Dsc00498

解除レバーの上から、又なんとも言えないパーツ(スプリング止め?)を入れます。

これはレバーの軸に収まる場所が決まってますので迷うことはありません。

まあ、180度真逆に取り付ける事も出来ますが、すぐに気付くでしょう。

Dsc00496 Dsc00493

このパーツにスプリングを取り付けるのも一苦労

Dsc00492 Dsc00491

ブラケット本体の切り欠きにスプリングの一端をはめ込み、もう一端をラジオペンチで挟みながら~

先程のパーツ(スプリング止め)の溝にはめ込む。

Dsc00490 Dsc00489

上手に出来ました~。後はフタするだけです。

Dsc00488 Dsc00487

本日はここまで、説明文を書きながら画像を貼り付けるのも結構時間が掛かりますね。

ブログに書くっていうのは自分にとっても、為になります。

「あれ~、あそこはどうするとやったっけ~」なんて時、自分の記事を読み直したりしますもんね。

でもたまに「これ、どういう意味やろう?」なんて所があるのもご愛嬌です。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2011年3月27日 (日)

エルゴパワーオーバーホール① by kattak@

最初にお断りしておきますが、自分でやっておきながらこの作業はお勧めできません。

メンテナンスが好きで自転車を2台以上持っていて、しかも弄り壊す覚悟がある人だけ、自己責任でやってみて下さい。

以前から調子が悪かった左エルゴパワー(アテナ11速)覚悟を決めて弄ります。

エルゴレバーのフードを外します、ドライヤーなんかで温めてからの方がいいでしょうね。

Dsc00424

まずはブレーキレバーを外します、軸になっているピンを抜くのですが、軸受けになっているブッシュの割を広げて抜けやすくします。

ドライバーを入れて、少しコジってやり、その間にレバー内側から外側に向けて打ち出します(反対向きには返しがあるので抜けません)もしかするとコジらんでも、力技でいけるかもしれません。

Dsc00423 Dsc00421

こんだけで使ってる間に抜けないものだと感心してしまいます。

Dsc00420 Dsc00419

次はこっち・・・・いや、コッチからですね、本当は供回りしないように前後にアーレンキー等をかませます。

Dsc00418 Dsc00417

一つ一つ向きも間違えないように順番に外していきます。凄くドキドキします、リアディレイラーの比ではありません。

Dsc00416 Dsc00415

ここまで外すと解除レバーも取れますが、根元にスプリングが引っ掛けてありますので、まずはそれを外します。

千枚通しにちょいと引っ掛けて外すと、勝手にブラケット本体に掛かってくれます・・たぶん

Dsc00414_2 Dsc00412_2

妙な形をしたワッシャーみたいな物が何枚も重なっているので慎重に外していきます。

本当は1枚づつ写真をとるべきでしたが忘れてました。

Dsc00402

取り外した解除レバーと今までのパーツ達、右から順に向きも取り外したまんま、一番右のネジから数えて5番6番目のパーツがかなり重要な役割を果たしますが、この時は気付いていませんでした。

コレでハンドルバー側からの分解は終了です。

Dsc00413_2 Dsc00411

次は前側から

Dsc00410 Dsc00409

ここもスプリングが掛かっていますので、ちょっとコジってやります。

Dsc00407 Dsc00403

上の画像ではレバーと付属パーツを一緒に外しましたが、レバーだけ取るとこんな感じです。

Dsc00406

こんな所にもベアリングがあります(写真に撮れてませんが、ハンドルバー側にもあります)

ホイール等のようにシールドベアリングでなく、オープンタイプです。

そして外したパーツ達

Dsc00405 Dsc00404

長くなりましたので今回はこれまで・・・って何回かける気やねん!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

セラミックベアリングBB用も欲しい!

 セラミックベアリングをホイールにセットしましたが、やはりBB用も欲しくなってしまいました。

 理由としては以下の特性

   ・高耐久性、低回転抵抗、

   ・高負荷での回転がスムーズなためにヒルクラで発揮

   ・軽量化(マイナス11グラム)

 この特性がどうしても頭から離れないし、ペダルでつまりクランクの回転力で自転車を動かすのだから、スムーズなペダリングや走り出しの軽さを求めるのであれば、セラミックベアリングは鉄球より優れているはずです。

 ヘタレの私は、ダイエットして脚力をつければ、決して安くないベアリングを買う必要もないはずですが、やはりモチベーションの力は凄いもので、セラミックベアリングをセットしていると思っているだけで、おのずとへこたれないのです。

Bb Bbceramic_speed_bb

 今私が狙っているのは、CERMIC SPEED BBユニット(シマノ)で価格平均22、155円ですが、デュラエースBBユニットのアップグレードキットです、ベアリングをセラミック仕様にしたもので、

 ホローテックⅡ規格であれば、シマノ以外でも取り付け可能だそうです。

 問題は資金であり、今月のバイクの設備投資がかさみ、ほんの少しですが大震災義援金として振り込んだので、職場での食事代程度の小遣いしかありません。

 妻に補填をお願いしましたが、

 「あんたを義援するは金はない!」「やるくらいなら被災地に送る!」

と言われあえなく却下!・・・・・当たり前ですね。

 5月中には実現したいと思っていますので、セットした時はインプレいたしますが、レースやセンチュリーランでの時間短縮が出来なかったら、セラミックベアリングに関する記事は沈黙するかもです。

 

2011年3月25日 (金)

セラミックベアリング(ホイール)をインプレ?

先日、セラミックベアリングをゲットして、マビックホイールにセットしたのはよかったのですが、セラミック効果を試そうにも走る機会がなく、本日やっと約30キロメートルの短距離ながら走ることが出来ましたhappy01

走ったコースは大村の三浦半島周回で海岸線やアップダウンのコース!

でっ・・・・・・・・・結果は!

わっかりましぇ~~~~~~ん!!!!でした・・・・・・crying

強風の向かい風! さらに横風でバイクが流されるしインプレどころじゃない!

まっ言えることは

自宅が高台にあり、ブレーキをいつもかけない所でブレーキングするほど良く   回転がスムーズで怖いほどであった。

惰性走行で、ノンセラミックより進む感じである。

登坂では、ヒルクライマーではないので、きつさは変わらなかったcrying

スタート時は軽く、前に押し出される感触があった。

高温時・高回転時の変改がほとんどない、セラミックの特性や回転がスムーズであれば、長距離走行では多少楽になると思います。

なにしろ、インプレするにも普段では走らない悪条件の走行で満足できる結果が出ませんでした。

次回は、長距離を走ってセラミックベアリングの効果をインプレしようと思っていますので、同ベアリングを考えている、みなさまお楽しみに・・・・・・!

しかし、走った感触は明らかに、よい感じであったのは間違いありませんでした。

んんん・・・・・残るはセラミックベアリングBB編か~~~~coldsweats01

Nec_0235

軽量化進行中のBOMA!カーボンハンドル・タイヤ・シートピラー残るは、カーボンステムとセラミックベアリングBBか・・・・・・・サドルはカーボン苦手なのでそのままcoldsweats01

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

自分もオーバーホール!? by kattak@

自転車ばかりいじってきた私も一応家庭人、たまには自分のメンテナンスもしなきゃ。

本日人間ドックです。

胃カメラが大の苦手な私、憂鬱でたまりませんでしたが白衣の天使が一言

「カメラは口からと鼻から、どっちにします?」

なんと去年から鼻からも出来るようになったらしい。

とにかく口から飲みたくない私は一も二もなく「鼻からお願いしまっす!!」と元気良くお返事しました。

結果は楽勝でした、口からカメラが苦手な方はお試しあれ。

夕方からは送別会ですので、おそらく今日はアップできないかも、でもやっちゃうかも・・・

2011年3月24日 (木)

ラスボス by kattak@

ブレーキキャリパーから続いてきたメンテナンスシリーズ(って何時の間にシリーズ化!?)

もう残すところも僅かとなりました。

「やるのか?」「まさか、アレまではやらんだろう」

等などの皆さんの声が聞こえてきます(ってどこから?)

やりますとも、いや、やらいでか!!

BBでの敗ぼ・・・、もとい勇気ある撤退はもう過去のことです。

ジャジャーン!!

Dsc00429

そう、バーテープ交換!!

・・・・・・・・

す、すいません調子に乗って、またウソばつきました。

ちゃんとやってるんです、ちょっと勿体付けてみたかっただけです、本当はコッチ

Dsc00515

エルゴレバーオーバーホール!!

現在進行中、成功しようがしまいがブログにアップしていく予定です。

エルゴ分解の手本となるのか、反面教師となるのか皆さん見守っていてください。

BB オーバーホール(メンテナンスの壁編) by kattak@

今回はBB編、コンポは10カンパ・アテナ11速です。

Dsc00441

まずは、10ミリのアーレンキーでグルグル、はい取れました。

Dsc00440 Dsc00439

脱落防止のピンを抜きます。下手すると飛びますので注意。

Dsc00438 Dsc00437

後はクランクはすんなり抜けるはずです。結構汚れてます。

Dsc00436 Dsc00435

これはBBカップ抜きの専用工具、画像ではラチェットハンドルを使ってますが、実際はちょっと違う工具を使いました。

Dsc00434 Dsc00433

外れました、次は右側、作業は左側と同じです。・・・と書きたかったんですが・・・

Dsc00432 Dsc00431

外れません、ど~しても外れません。最初は軽くプラハンでコンコンでしたが、

だんだん意地になってきてガンガンに変わってきたので、弄り壊さぬうちに中止です。

逃げ・・・いえいえコレは勇気ある撤退ですっ!!よ~く見たら右側全然汚れてないし~

組み付ける前に、チェック、BBの中でこのように噛み合ってるんですね。

Dsc00427 Dsc00426

しかし、この噛み合わせ部分、スプロケット等と違い、どこででも噛み合ってしまいます。

極端なズレはないでしょうが、BBに差し込む際1コマ位はズレるかも知れないので注意です。

こんな感じ・・・

Dsc00425

組み付けは逆順なので画像なし、脱落防止のスプリング忘れないように気をつけてください。